『アナ雪』声優、夫婦で立ち上げたベビー用品ブランドを夫と共に語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ダックス・シェパード、クリステン・ベル夫妻

 映画『アナと雪の女王』のアナ役や、テレビシリーズ「ヴェロニカ・マーズ」などの女優クリステン・ベルと、夫で俳優のダックス・シェパードが、共に立ち上げたベビー用品会社「Hello Bello」について、2月25日(現地時間)、ニューヨークの The Wilson NYC で行われたイベントで語った。

【動画】クリステン・ベルがアナ役を務める『アナと雪の女王2』予告編(海外版)

 「Hello Bello」は、頭からつま先まで、赤ちゃんや小さな子供たちが使用できるオーガニックな素材を使ったベビーケア用品のブランドで、ベビー用のボディーウォッシュやシャンプー、ベビーローション、オムツかぶれ用クリームなどが商品として扱われ、それらは全てアメリカ最大のスーパーマーケットチェーン、ウォルマートで販売されることになった。

[PR]

 同ブランドを立ち上げた理由についてダックスは「僕ら夫婦は仕事に恵まれ、さらに2人の娘にも恵まれた。妻のクリステンは、赤ちゃんのためにどんな食べ物を与え、どんな服を着せ、どんなベビーケア用品を使うべきか、いつも細かく気にしてきたんだ。でも実際に、赤ちゃんのために安全で良い製品を買おうとすると、値段が張るものばかりだった。そこで、僕らは(大量生産できる)ウォルマートに、より良いベビーケア用品を手頃な価格で手掛ける話を持ちかけたんだ」と説明した。クリステンは、その製品がどのように作られ、どんな材料が使われ、どんな場所からその材料を手に入れているかまで、Googleで調べることが好きだそうで、「赤ちゃんを育てるうえで、それが重要だと思っているの。大人であるわたしたちは、将来赤ちゃんたちにこの地球を明け渡すことになるのよ」と持論を展開した。

 子育てにおいて、父親が以前よりも関わるようになった昨今。ダックスも積極的に参加する中で、男性がより関わりやすいようなベビーコーナーにすべきだと感じたという。「僕も頻繁にオムツ替えなどしてきたけれど、スーパーなどにあるベビー用品のコーナーは、なかなか男性が買いにくい感じの場所になっていることが多いんだ。だから、男性もより近づきやすいような場所にしてみても良いと思ったね。例えば、子供の頃に遊んだ超合金のような絵柄が施されているオムツとか(笑)。まるで装置をつけたりはずしたりする感覚で、男性も赤ちゃんのオムツを替えるわけだ。もちろん、これは冗談だけど、男性がより関わりやすいようなものを反映させたベビーコーナーにすべきだと思ったのは事実だよ」

[PR]

 また、若い頃にはドラッグやアルコールの問題を抱えていたことのあるダックス。現在はその問題についてどう考えているのかと聞かれると「その頃は、自分のこと以外あまり考えられていなかったね。それに4度も結婚・離婚を繰り返した母に連れられた僕は、義理の兄弟や義理の父親の要求に応えることばかりで、惨めだったのを覚えているよ(この時期に虐待されていた過去も明かしている)。でも今は、自分の小さな子供たちに注意を払っていなければならないし、エネルギーやお金も費やす。自分がやりたいことのほとんどができない日もあるけれど、それでも今の状態で居られる自分が好きなんだ」と満足そうに答えた。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]