伊藤健太郎、『グリーンブック』監督からの逆質問に照れる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
来日中のピーター・ファレリー監督&受賞予想が的中した伊藤健太郎

 先日のアカデミー賞で作品賞に輝いた映画『グリーンブック』(公開中)のピーター・ファレリー監督が5日、都内ホテルで会見を行い、俳優の伊藤健太郎も参加した。ファレリー監督から「君はアッという間にスーパースターになったんだよね、どんな気持ち?」と聞かれた伊藤は、照れた様子で受け答えしていた。

伊藤健太郎、ファレリー監督とハグ!【写真】

 本作は差別が残る時代のアメリカ南部でコンサートツアーを計画した黒人ジャズピアニスト(マハーシャラ・アリ)と、彼に雇われたイタリア系用心棒兼運転手(ヴィゴ・モーテンセン)の実話を基にしたバディムービー。第91回アカデミー賞では作品賞、助演男優賞(マハーシャラ)、脚本賞の3冠を達成した。3月1日の日本公開から4日間で動員28万人、興収3億4,000万円を記録。配給によると20億円を狙えるスタートだという。

[PR]

 伊藤はアカデミー賞前から本作が作品賞や助演男優賞を受賞すると公言していたが、予想が見事的中。「視聴者目線で作品を観て直感的に獲ると思った」と語ると、目の前にファレリー監督がいることに「めちゃくちゃ嬉しいです」と目を輝かせた。

 伊藤といえば、昨年放送された人気ドラマ「今日から俺は!!」などでコメディーにも挑戦しているが、映画『メリーに首ったけ』など過去多くのコメディーの名作を世に送り出しているファレリー監督に「コメディーを撮るうえで気を付けていることは?」と質問。ファレリー監督は「自分たちがどれだけ好きだと思えるキャラクターを作れるか。それを観客が好きになってくれれば、自然と魅力的な作品ができます」と持論を展開した。

 その後も、作品に関する質問を投げかけていた伊藤だったが、ファレリー監督から「君はアッという間にスーパースターになったんだよね、どんな気持ち? 僕は伊藤さんの年齢のときは、ナイトクラブの用務員をしていたんだよ」と逆質問。やや驚いた表情をした伊藤は「自分でもびっくりしています。(世の中の注目度に)まだ追いついていないです」と謙虚な姿勢を見せるも、「役者として、いつかはハリウッドに行ってみたいという気持ちもあります」と大きな目標を語った。

[PR]

 ファレリー監督は「彼にはムービースターらしさを感じる。まずは(海外に)行くことが大事。いつかぜひ僕とお仕事をしてください」とエールを送ると、伊藤も「この言葉を忘れずに頑張ります」と今後の活躍を誓った。

 この日は、本作が作品賞を受賞した際、各方面で物議を醸したことについても質問が及んだ。ファレリー監督は「投票した方はアカデミー会員で、自分ではコントロールできないことなので、あまり気にしていません。僕は、ほかの作品が受賞していても同じぐらい喜んだと思います」と語っていた。

 また、初来日となったファレリー監督は「とにかく食べております」と日本の食を堪能していることを明かすと、昨晩行った鉄板焼きの店は「生涯最高の食事でした」と大満足した様子だった。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]