有村架純「ひよっこ2」撮影で結婚を実感 さらなる続編にも意欲

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「ひよっこ2」での撮影を振り返った有村架純

 女優の有村架純が12日、ドラマ「ひよっこ2」の試写会に出席し、有村ふんするヒロインの結婚から2年後を描く本作の撮影を振り返った。久々の撮影も前作の世界観と変わることなく臨めたことを明かしつつ、夫婦で過ごすシーンについて「これが結婚なんだなと実感しました」と感慨を口にした。

有村架純がドレス姿でまぶしい笑顔【写真】

 本作は、2017年に放送された連続テレビ小説「ひよっこ」の続編となるスペシャルドラマ。みね子とヒデ(磯村勇斗)の結婚から2年がたった1970年を舞台に、夫婦二人の生活などの物語が描かれる。この日は有村とともに、脚本を担当した岡田惠和も出席し、脚本執筆時の裏話やドラマの見どころについて語った。

[PR]

 およそ1年半ぶりに「ひよっこ」の撮影現場に入った有村は、直前まで主演ドラマ「中学聖日記」の撮影で大きく異なる役柄を演じていたため「みね子に戻れるのかな」と不安な気持ちもあったそう。それでも有村は「1年という長い時間をかけて撮影していた役で、なかなかイントネーションが抜けなかったりもしたほど自分にしみ込んでいた」と明かし、すぐにみね子のモードに切り替わったという。

 また、共演者との関係性は変わることがなかったという有村。みね子の実家である奥茨城村の人々や幼なじみの時子(佐久間由衣)なども健在で、脚本の岡田は「レギュラーで出ていただいた方は、全員出演していただこうという無謀な計画を立てました」と笑顔を見せながら「お気に入りのキャラクターがいつどうやってどんな形で登場するかも楽しみにしてほしい」と見どころをアピールした。

 今作では前田へと名前が変わったみね子だが、有村は「ヒデさんと2人きりのシーンは慣れないですね。これが結婚なんだなと実感しました」と照れ笑い。岡田も「狭い部屋で2人がいるシーンは、書いていて僕も照れました」と明かして、仲睦まじい様子がほのぼのと描かれる場面で「ひよっこ」らしさが感じられるはずと語った。

[PR]

 これまで数々の名作を世に送り出してきた岡田だが「みね子は何かを成し遂げたり痕跡を残したりした人ではないのですが、そういう女性が一生懸命に生きた姿をきちんとドラマにすることができた。作品を愛していただけたのは脚本家冥利に尽きる。僕自身が書きたいというよりも(登場人物の)続きが見たいと思えるドラマです」とさらなる続編への意欲を見せる。有村も「もし続きができるであれば、どんな大人の女性になっていくのか楽しみ」と思いを馳せていた。(磯部正和)

スペシャルドラマ「ひよっこ2」は3月25日よる7時30分~8時にNHK総合テレビにて4夜連続放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]