子供時代のヒーロー願望が満たされる!『シャザム!』俳優は素顔もコドモ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
見た目はオトナ、中身も俳優もコドモ? ザカリー・リーヴァイ演じるシャザム - (C) 2019 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

 これまでのDC作品とは一味違うコメディー風味のヒーロー映画『シャザム!』で主演を務めるザカリー・リーヴァイが、本作への思いを語った。少年ビリーが、魔法の言葉「シャザム!」と叫ぶことで大人のヒーローに変身する能力を手に入れる本作。体は大人だが、心は子供というユニークなヒーローを演じたのは、海外ドラマ「CHUCK/チャック」で知られるザカリー。素顔のザカリーは気さくで明るく、遊び心に溢れていて、少年の心を持ヒーロー役を実に自然に演じている。(取材・文 細谷佳史)

【動画】映画『シャザム!』特別映像

 「幸運なことに僕は幼稚なんだ(笑)。今でもコミックは読むし、ビデオゲームもする」というザカリー。シャザム役にとって大きなインスピレーションとなった映画が、トム・ハンクス主演で、突然大人になってしまった少年の青春を描く『ビッグ』(1988)だった。「でも今作は『ビッグ』とも少し違う。あの映画では、最初と最後以外はずっとトム・ハンクスが出ているけど、『シャザム!』のビリーは、大人と子供を何度も行ったり来たりするんだ」

[PR]

 「とにかく、できるだけ楽しむことを心がけたよ」と撮影を振り返るザカリーは、この映画の最大の魅力は「誰もが内面に秘めている“スーパーヒーロー願望”を実現してくれること」だと見ている。「子供だったらみんな、もし空を飛ぶことができたら? 悪い奴らと戦うことができたら? って考えるよね。超スピードやスーパーパワーがほしいんだ。僕だって、今でも朝起きたら、遺伝子が突然変異してどこかにテレポートできるようになったら素晴らしいと思っている。今作は、完全にドリーム・カム・トゥルーな映画なんだよ。それと、そういったパワーを子供が手に入れたらどうなるのか? それが、少年のエゴや考え方にどう影響を与えるのか? といったことを考察する作品でもある。興味深いジャーニーだったよ」

 またシャザムは、バットマンをはじめ、これまでシリアスな印象が強かった、DC映画のスーパーヒーローでもある。コメディー色の強い彼が、今後の新作で、他のヒーローたちとどう交わるかも気になるところ。ザカリー自身も、共演を楽しみにしているという。

 「この仕事のスクリーンテストは『ジャスティス・リーグ』の公開直前だった。ワーナーのスタジオの横を車で走っていたら、大きなヒーローたちのビルボード広告が掲示されていて、もし僕がこの仕事をもらえて、それが十分な成功をおさめ、『ジャスティス・リーグ』がうまくいったら、僕はサイボーグの横にいることになるぞ! って思ったのを覚えている。それって世界一クールなことだよ」

[PR]

 さらに「シャザムは中身が少年だから、割とシリアスなスーパーヒーローたちの中にいたら、コミックリリーフとしてパーフェクトな存在になると思った」とも。「シャザムとフラッシュがジョークを言い合い、駆け足で競争しながら『オレの方が早い!』なんて言い争ったり、目をでっかくしてワンダーウーマンを見つめて『すげーかわいい!』って叫んだりするんじゃないかな。さらにまた、彼は誰よりも強い。シャザムはスーパーマンよりも強いんだよ(笑)」

 とにかくフランクな物腰で、ハリウッドで最もナイスな映画スターといっても過言ではないザカリー。『シャザム!』で世界的にブレイクするのは間違いないだろう。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]