佐野勇斗、映画『小さな恋のうた』主演に決定「大好きな歌」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
佐野勇斗

 映画『小さな恋のうた』の完成報告記者会見と完成披露試写会舞台あいさつが13日に新宿バルト9で行われ、ボーカルダンスユニットM!LKとしても活動する俳優の佐野勇斗が主演を務めることが発表された。この日は、佐野をはじめ、共演者の森永悠希山田杏奈眞栄田郷敦鈴木仁トミコクレア世良公則橋本光二郎監督も来場し、意気込みを口にした。

佐野勇斗、眞栄田郷敦、鈴木仁ら登場!【写真】

 リリースから20年近く経った今も、世代・性別を問わず愛され続けるMONGOL800による同名のヒット曲をもとに製作された『小さな恋のうた』。沖縄の小さな町を舞台に、順調な音楽活動を続けてきたものの、ある事故をきっかけに行く先を見失った高校生バンドのメンバーたちが、1曲のデモテープに出会ったことから再び楽器を手に立ち上がる姿を描く。主演を務めることが発表された佐野は、喜びを口にしつつも「プレッシャーしかなかった」と引き締まった表情で胸中を告白した。

[PR]

 佐野が演じるのは、バンドのボーカル担当で、常にみんなの中心にいる、お調子者だが憎めないムードメーカーの主人公・真栄城亮多。佐野にとって「小さな恋のうた」は思い入れの深い曲とのことで、音楽に興味がなかった中学生のときに学校で偶然耳にしたメロディーに「すぐ家に帰って(人生で)初めてダウンロードした」という。「ベースを弾いて歌うのは大きな壁で難しかったですが、大好きな歌を歌わせていただくので失礼のないように死に物狂いでやろうと頑張りました」と力を込める。

 ベースはクランクインの半年前から練習したそうで「半年も前から作品に向けて準備することはないし、実際に弾いて歌うのは挑戦でした」と振り返る。佐野自身の過去の楽器経験はリコーダーくらいとのことで「練習があったからこそ、バンドメンバーの絆も深まってバンド感が表れたんじゃないかな。実のある濃い半年間の練習でした。大変でしたけど」と笑みを浮かべた。

 佐野のほか、バンドのメンバー役も発表され、ドラム担当の池原航太郎を森永、ギター担当の譜久村舞を山田、同じくギター担当の譜久村慎司を眞栄田、ベース担当の新里大輝を鈴木が演じる。また、米軍基地に暮らす Lisa Crewman 役をトミコクレア、ライブハウスのオーナー・根間敏弘役を世良が務める。

[PR]

 本作で映画デビューを果たす眞栄田は、父・千葉真一や兄・新田真剣佑が背中を押してくれたことに触れつつ「お芝居は初めてですが、楽器は同じスタートラインなので、そこだけは負けたくない気持ちで臨みました」と自信をのぞかせた。その言葉どおり、上達は早く鈴木は焦りを感じながら練習に打ち込んだことを明かす。森永は撮影後にメンバーのために夕食を作ってあげていたそうで「監督には申し訳ないですが、夕方に差しかかったくらいから献立を考えていました」とぶっちゃけて会場の笑いを誘っていた。(取材:錦怜那)

映画『小さな恋のうた』は5月24日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]