整形タレント・ヴァニラ『麻雀放浪記2020』で映画初出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ヴァニラ、AI搭載のアンドロイド役! - (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

 総額2億円以上をかけた全身整形で知られるタレントのヴァニラが、斎藤工主演の映画『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)で映画初出演を果たすことが明らかになった。

【動画】『麻雀放浪記2020』特報映像

 阿佐田哲也のベストセラー小説に『凶悪』『孤狼の血』などの白石和彌監督が大胆なアレンジを加え、ギャンブラー坊や哲(斎藤)の姿を描く本作。1945年の戦後、そして東京オリンピックが中止となった2020年が舞台となっており、ヴァニラはAIが搭載された、見た目は人だが魂のないアンドロイドという役どころに挑んだ。

[PR]

 時にはバッティングセンターの客寄せロボット、時には高級クラブのホステスとして登場するというヴァニラは「初めての映画出演でとても緊張したけど、和気あいあいの現場でとても楽しかったです」と撮影を振り返る。「監督やスタッフさんに色々とご指導いただきながらアンドロイド役を演じさせていただきました。びっくりしちゃうようなシーンもあるので是非皆さん楽しみにしていてくださいね!」

 一方、白石監督は「究極の美しさを求めるヴァニラさんに強い感銘を受け、量産型アンドロイドを演じていただきました。二度登場しますが、少しアンドロイドとしての仕様が違います。将来のアンドロイドがヴァニラさんの容姿になったら最高だと思いました」とコメントしている。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]