『ファンタビ』ダンブルドアとグリンデルバルドは恋愛関係! J・K・ローリングが明言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ダンブルドアとグリンデルバルド - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 『ハリー・ポッター』シリーズの原作者で『ファンタスティック・ビースト』シリーズの脚本を手掛けるJ・K・ローリングが、ダンブルドアとグリンデルバルドは「恋愛関係にあった」と明かし、話題になっている。

【動画】クリーデンスとナギニが…!『ファンタビ』追加シーン初公開

 ホグワーツ魔法魔術学校の校長として知られるダンブルドアと、世界を脅かす力を持つ“黒い魔法使い”グリンデルバルド。昨年公開された『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、ジュード・ロウが若き日のダンブルドアを、ジョニー・デップがグリンデルバルドを演じた。

[PR]

 ダンブルドアについては以前からゲイであることを公言していたJ・K・ローリングだが、海外ですでにリリースされた同作のブルーレイ特典映像では「彼らの関係はとても強いものだった。情熱的で、恋愛関係にあったの」と二人の関係を明言。

 一方で「でも、ゲイでもストレートでも、わたしたちがどんなレッテルを貼ろうとする関係であっても、相手が本当はどう思っているのか知ることはできない。(相手の気持ちを)わかっていると信じることしかできない。だから、わたしは二人の性的な側面にはあまり興味がないわ」というローリング。

 「もちろん二人の関係には性的な部分があったと信じているけど。でも、それより彼らがお互いをどう思い合っていたのか、それが人間関係で最も興味深い部分だと思う」と続けており、二人のセクシャリティーよりも感情面に重きを置きたいと考えているようだ。

 全5部作になることが発表されている『ファンタビ』シリーズ。今後、二人の関係がどのように描かれるのか楽しみだ。(編集部・中山雄一朗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]