佐野勇斗、涙の熱唱!『小さな恋のうた』メイキング映像が公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
佐野勇斗の歌声ひびく - (C) 2019「小さな恋のうた」製作委員会

 俳優の佐野勇斗が主演を務める映画『小さな恋のうた』(5月24日公開)から、佐野が熱唱する姿を捉えたメイキング映像と、ポスタービジュアルが公開された。

【動画】佐野勇斗の美声ひびく!映画『小さな恋のうた』メイキング映像

 本作は、平成で最も歌われた男性アーティストによるカラオケランキング1位に輝いたMONGOL800の楽曲「小さな恋のうた」をもとに製作されたもの。沖縄の小さな町を舞台に、プロデビューが決まるなど順風満帆だった高校生バンドが、ある事故をきっかけに行く先を見失い、1曲のデモテープに出会ったことから再び楽器を手に立ち上がる姿を描く。昨年『青夏 きみに恋した30日』『3D彼女 リアルガール』など主演を含む5本の映画に出演し、ボーカルダンスユニットM!LKとしても活躍中の佐野が、主人公の真栄城亮多役を務める。

[PR]

 公開されたメイキングには、佐野、森永悠希山田杏奈眞栄田郷敦鈴木仁らキャストたちが半年以上のトレーニングを経て「小さな恋のうた」をさまざまな場所で演奏するシーンの裏側が映し出される。映像の終盤では、佐野が感極まって涙を流しながら熱唱しているシーンも。ほかにも佐野が「このメンバーとなら、爆発的なものを起こせるんじゃないかな」とこの映画に対する思いを語っている姿が収められている。

 さらに、ポスタービジュアルが公開され、佐野が歌っている姿や、メンバーの演奏するさまが切り取られている。中央には、フェンスとその向こうに佇む一人の少女の姿に、「届け。あなたに-。」と力強い言葉が掲げられている。

 メガホンを取ったのは、『羊と鋼の森』『雪の華』などで知られる橋本光二郎監督。企画・プロデュースは沖縄出身でMONGOL800の映像作品を手がけてきた山城竹識。脚本は『つみきのいえ』の平田研也が担当する。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]