『キングダム』本郷奏多、イヤ~なヤツ役に自信!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
本郷奏多

 俳優の本郷奏多が27日、都内で行われた映画『キングダム』ワールドプレミアレッドカーペットイベント&舞台あいさつに登壇。憎たらしいキャラクターを演じ切り、「成功です」と自信を見せた。この日は、山崎賢人吉沢亮長澤まさみ橋本環奈満島真之介高嶋政宏要潤大沢たかお佐藤信介監督、原泰久(原作者)も来場した。

山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈ら超豪華キャスト【イベント写真】

 大ヒットコミックを実写映画化した本作は、中国の春秋戦国時代を舞台に、戦災孤児の少年・信(山崎)が、後の始皇帝となるエイ政(吉沢)と運命の出会いを果たし、大将軍になるという夢を胸に戦場に繰り出してゆく物語。

[PR]

 エイ政の異母弟ながら敵となる成キョウ役を務めた本郷は、「なるべく憎たらしく、観ている人に『コイツ、嫌いだな』と思ってもらいたく、イヤ~なヤツを演じました」と説明し、「自分で観ていて『コイツ、嫌いだわ』と思ったので成功です」と自信満々。

 キャラクターはもちろん、「作り込まれた世界観」も見どころだそうで、「僕は王様の部屋で座っているだけでしたけど、美術セットのこだわりはすごく感じました。どうやら、王室のセットだけで何千万円もかかっているみたい」と紹介した。

 しかし、実際は1億円がかかっており、玉座だけでも数百万円であることをステージ上で知らされた本郷は、「1億!? はぁ、1億ですって……」と驚愕。そんな豪華セットの中で、スタッフに毎回注意を受けていたことがあったそうで、「嫌なヤツなんで、王座にドカッと座るんですよ。そしたら『足の裏拭いてもらっていいですか?』と必ず言われていた」と振り返ると、「王様なのになぁ」と語って会場の笑いを誘っていた。

 さらに、エイ政役の吉沢に向けて「顔、格好いいですよね。兄弟(役)うれしいです」と喜ぶ場面も。吉沢は「いやいや、(本郷も)お綺麗な顔をされていて……」と褒めつつ、「成キョウ大好きでした。悪党具合が突き抜けていたから憎たらしさもあるけど、逆に格好いいなと思いました」と舌を巻くと、本郷は「うれしい!」と大喜び。そして、「エイ政、めっちゃ格好よかったです」とお返しして、笑い合っていた。(取材:錦怜那)

映画『キングダム』は4月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]