『スマホを落としただけなのに』続編製作決定!千葉雄大×成田凌!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
早くも続編きたー!(画像は前作のもの) - (C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 2018年11月に公開されて興行収入19.6億円超えのスマッシュヒットを記録した映画『スマホを落としただけなのに』の続編が製作されることが決定した。主演を務める千葉雄大は「第1作では、事件を追う刑事という役柄でしたが、今回はそのパーソナルな部分が深掘りされると思うので、第1作を観てくださった方にも楽しんでいただける作品になればと思います」とコメントしている。(以下、第1作のネタバレを一部ふくみます)

【動画】北川景子の悲鳴が響く前作『スマホを落としただけなのに』予告編

 志駕晃によるサイバーミステリー小説が原作の前作では、恋人がスマホを紛失したことで、事件に巻き込まれてしまうヒロイン・稲葉麻美(北川景子)の姿が描かれた。その作品で千葉が演じた、過去にトラウマを持つ刑事・加賀谷学が続編の主人公。加賀谷が解決したはずの連続殺人事件から数か月後、同じ現場から新たな死体が発見されるというショッキングな内容から今回の物語は始まる。志駕の「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が原作となっている。

[PR]

「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の書影

 前作での怪演が話題になった成田凌も獄中の連続殺人鬼・浦野として登場する。「監督はじめスタッフの皆さんに、もう一度お会いできるのがすごく楽しみです」と喜ぶ千葉は「ありがたいことに1作目では(成田と)顔が似ていると言われることが多かったのですが、2作目では一緒のシーンもたくさんあるので、お客様を混乱させないようにしたいと思います(笑)」と語っている。

 一方の成田は「わくわくします。まさか、2を。そして、自分がそれに出るとは。前作、全てを出し切った『スマホを落としただけなのに』を沢山の方に観ていただいたということでとても嬉しく思います。また皆様にゾクゾクしてもらえるよう、チーム一丸となり良い作品を作れるよう頑張ります!」と意気込んでいる。

 前作と同じく、中田秀夫監督がメガホンを取る。公開は2020年を予定している。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]