かつての“ブチ切れ”がウソのよう!少女に優しいクリスチャン・ベイルのキュート映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『バイス』でのクリスチャン・ベイル - (C) 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

 史上最凶の米副大統領ディック・チェイニーの驚くべき半生を描いたエンターテインメント映画『バイス』から、主演のクリスチャン・ベイルが撮影現場で子役と戯れるキュートなメイキング映像が公開された。かつて『ターミネーター4』の撮影現場で、演技中に目の前を横切った撮影監督にものすごい剣幕でブチ切れたことも話題になったベイルだが、それがウソのように優しい顔を見せている。

【動画】『バイス』メイキング映像(子供と遊ぶクリスチャン・ベイル)

 ホワイトハウスのセットでチェイニーに成り切りながらも、空き時間には娘役の女の子と遊んであげているベイル。悪役を買って出たようで、パンチを繰り出す女の子に「うあー! もうやめてー!」と見事に殴られたふりをし、クオリティーが高すぎる“ごっこ遊び”で彼女を喜ばせている。

[PR]

 ベイルは本作のために約20キロの増量を敢行しただけでなく、20代~70代までのチェイニーを一人で演じるため、午前2時に現場入りしてメイクされる必要があった。「撮影クルーが来るのは朝6時。そこから12時間の撮影が始まるのだけど、もっとかかることもある。16時間かかることだってね。メイクの時間もあるからあまり眠れない。そういう状況だと、人はつい、自分の嫌な部分を出してしまったりするものだ」と過酷な撮影を振り返ったが、今回公開された映像ではそんなことを全く感じさせない“父親”ぶりだ。

 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の監督・スタッフ・キャストが再集結して作り上げた本作は、ほとんどの人が気付かぬ間に強大な権力を牛耳り、世界のあり方を一変させてしまったチェイニーの姿をダークな笑いで描いた快作。(編集部・市川遥)

映画『バイス』は公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]