実写版「カウボーイビバップ」キャストが発表!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左からジェット役のムスタファ・シャキール、スパイク役のジョン・チョー、フェイ役のダニエラ・ピネダ - Dia Dipasupil / John Lamparski / Presley Ann / Getty Images

 人気アニメ「カウボーイビバップ」の実写ドラマシリーズのメインキャスト4名を、Netflixが発表した。主人公スパイク役は、映画『search/サーチ』や『スター・トレック』シリーズで知られるジョン・チョーだ。

【画像】実写版「カウボーイビバップ」のキャスト

 「カウボーイビバップ」は、未来の太陽系を舞台に、賞金のかかった犯罪者を追って宇宙を飛び回る通称“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎを生業とする主人公たちの姿を描いた日本のアニメ作品。1998年のテレビ放送後、2001年には劇場版も公開されて世界的な人気を獲得しており、昨年11月にNetflixによる実写ドラマシリーズ化が発表されていた。

[PR]

 今回キャストが発表されたのは、主人公スパイク、相棒のジェット、記憶を失くした謎の女フェイという宇宙船ビバップ号に乗る3人と、敵役ビシャスだ。ジェット役はドラマ「Marvel ルーク・ケイジ」のムスタファ・シャキール、フェイ役は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のダニエラ・ピネダ、ビシャス役は『サバービコン 仮面を被った街』のアレックス・ハッセルが務める。Varietyによると、ビバップ号の乗組員で天才ハッカー・エド役については、現在キャスティング中だという。

 実写ドラマシリーズは10話で、オリジナル版の監督である渡辺信一郎がコンサルタントとして作品に携わることになっている。配信時期は未定。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]