仮面ライダーアギト・津上翔一「ジオウ」登場!賀集利樹が変身

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
翔一が久々の変身! 賀集利樹 - (C) 2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 東映の人気特撮番組「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系・日曜午前9時~)に、「仮面ライダーアギト」で仮面ライダーアギト/津上翔一を演じた、賀集利樹が出演することが明らかになった。さらに、ヒロイン・風谷真魚(かざや まな)役の秋山莉奈、仮面ライダーG3のオペレーター尾室隆弘役の柴田明良も出演。それぞれが当時の役を務める。

【画像】「仮面ライダージオウ」キャストと賀集利樹ら

 「仮面ライダーアギト」は2001年から2002年にかけて放送された、平成仮面ライダーシリーズの第2作。アギトに変身する力を持つ記憶喪失の青年・津上翔一をはじめとする、覚醒した者たちの苦悩と戦いが描かれた。

[PR]

 「仮面ライダーアギト」について「役者としての原点であり、僕自身にとっても特別で欠かせない存在です」と振り返る賀集。「ジオウ」出演に「嬉しいのと同時に、ちゃんと演じられるかという不安もありました。それでも撮影現場では18年という歳月を経ても再び津上翔一を演じていることの喜びを感じ、改めて僕自身も翔一が好きなんだなと再認識しました(笑)。アギトとジオウ、平成の異なる仮面ライダーのマリアージュを楽しんで頂ければ幸いです」と語っている。

 また「アギト」スタート時は15歳だった秋山は、「当時と変わらないスタッフさんも居て『まなちゃん』と呼ばれることも懐かしく、キャストの若い子達を見て当時のことをいろいろと色々思い出しました」と当時を回願。自身の息子も「ジオウ」のファンだといい「一緒に放送を観ます! 息子がどんな反応をするのか楽しみです!!」と期待。また柴田も「『アギト』を見て下さっていた良い子の諸君も、すっかり成人してしまったこのご時世に、なんと、尾室隆弘 が!! 『仮面ライダージオウ』に参戦させていただきます。感慨も一入です(感泣)」とコメントを寄せている。

 「仮面ライダージオウ」は、時空を遡り、歴代平成ライダーの力で戦う仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(奥野壮)と仲間たちが、時間改変を目論む集団タイムジャッカーが生み出す“アナザーライダー”と戦いを繰り広げる物語。歴代の平成ライダーキャストの出演も話題を呼んでいる。

 賀集ら三人は、4月14日放送の「ジオウ」第31話「2001:めざめろ、そのアギト!」と21日放送の第32話に出演。フランスで料理の修行をしていた翔一は、アナザーアギト出現のニュースを聞き、真魚の待つ日本に帰国。仮面ライダーアギトに変身し、仮面ライダーG3に襲い掛かるアナザーアギトに戦いを挑む。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]