長澤まさみ『キングダム』楊端和役で出した絶対的な強さ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『キングダム』で楊端和を演じた長澤まさみ - 写真:高野広美

 実写化不可能と言われた原泰久のベストセラーコミックを実写映画化した『キングダム』(4月19日公開)で“山界の死王”と呼ばれる楊端和を演じた長澤まさみ。絶対的な強さを持つキャラクターで「強くなきゃいけないって大変でした」という長澤が、撮影を振り返った。

【写真】楊端和、めっちゃ美しい!

 山崎賢人が主演した映画『キングダム』は、中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る少年・信が中華統一をもくろむ若き王・エイ政(吉沢亮)と出会い、戦いに身を投じていく様を描いている。長澤と『アイアムアヒーロー』でもタッグを組んだ佐藤信介監督がメガホンを取っている。

[PR]

 楊端和は山の民を武力で束ねる美しき山界の王。長澤は原作の印象を大事にし、「絶対的な強さを持っている女性。そこをどういう風に出すのかが自分の課題でした。私自身は臆病でちょっと逃げ腰的なところがあるんですが(笑)、そういった部分が出ないように気をつかいました」と話す。

 映画を観た感想について「ああいう楊端和もあっていいかなって感じで観てもらえたら」と謙遜しながら笑顔を見せる長澤は「強くなきゃいけなかったので大変でした」と続けた。

 「野球少年か」と自分にツッコミを入れながら撮影時を振り返り、「毎日素振りをしていました。剣を扱うにあたって人を切るわけですから、剣に振りまわされてはダメなんです。私が剣を振るんです。1日1回、ベッドに当たらない寸止めの素振りを100回しました。両手で同時に。見たことのないところに筋肉がつきました」と明かした。

山界の死王!楊端和! - (C) 原泰久/集英社 (C) 2019映画「キングダム」製作委員会

 これまで多くの作品に出演してきた長澤にとっても、出演者たちが「過酷だった」と口を揃えて振り返る本作の撮影で味わった緊張感は一味ちがった。

[PR]

 「迷ったり躊躇をする暇もなく、撮影が始まるという感じで、そこで100%の力を出し尽くすということが大変でした。間違えられないし、失敗できない。いつ怪我をしてもおかしくない状況下での撮影で、緊張感を切らせないという集中力が大事になってくる場所で、緊迫していました」

 そんな撮影を乗り越えた長澤は「原作・アニメに負けないぞというスタッフとキャストの熱量がちゃんと映画の中におさまっている作品ができました。漫画を1ページ開いた時に感じる信やエイ政の目力だったり画の力強さが、今度は実写で映画の画面にその力強さを持ったまま映っているので、楽しみにしてほしいです」とファンにメッセージを送っていた。(山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記)(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]