松岡茉優「当て書きが夢」原恵一監督に次回作を切望!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
松岡茉優

 女優の松岡茉優が26日、新宿ピカデリーで行われた映画『バースデー・ワンダーランド』の初日舞台あいさつに出席した。松岡は本作で監督を務めた原恵一に向けて、次回は「当て書きで出演することが夢」と思いを口にした。

松岡茉優、特製ケーキにフーッ!【写真】

 『クレヨンしんちゃん』シリーズなどを手掛けてきた原監督の最新アニメーション映画となる本作は、不思議な世界(ワンダーランド)に連れ出された少女・アカネの冒険を描く物語。イベントには、松岡とともに声優を務めた麻生久美子市村正親、監督の原、イメージソングと挿入歌を担当したmiletが登壇した。

[PR]

 声優陣について原監督は「本当にキャストの方も豪華」とにっこり。そして「僕は基本的に好きな人しか呼ばないんですよ。役者としても人としても、好きな人としか仕事はしたくない。だから同じ人に頼むのですが、今回もステキな人を集められて、いい作品ができたという自信があります」と胸を張る。

 監督の言葉に対して松岡は「私は今回、原さんのアニメーションに出演するのは初めてなので『あれ、松岡のことは好きじゃないのかな』と一瞬思ったんですけど……。いやいや、私は実写映画(『はじまりのみち』)で原監督とご一緒しているんです。だから2回目です! 次は令和になってから、松岡にやってほしいという役を当て書きで出演することが夢です!」と茶目っ気たっぷりにアピール。原監督も「しっかりと記憶しておきます」と笑顔を見せた。

 作品について松岡は「クライマックスの濃度・密度がとてつもなくて、初めての体験をしたなと思ったし、その時に流れた涙は子どものときから流していない種類の涙だなと感じるくらい、とてもピュアで純粋な涙だったと思います」としみじみ。続けて「ゴールデンウィークに公開ということで、もちろんお子さまに観ていただきたいんですが、もしかしたら保護者のほうがグッときてしまうシーンが多いんじゃないかな」と魅力を語った。

[PR]

 この日は、本作のイメージソング・挿入歌「Wonderland」を歌うシンガーソングライターのmiletが生歌を披露する一幕も。力強い歌声を生で聴いた松岡は「会場の空気がガラッと変わったことを感じています。みなさまと体験できたこともうれしいし、何よりmiletさんの成熟している部分とみずみずしい部分、鮮やかな部分とモノクロの部分、いろんなものが混ざり合った歌声が映画に合っているんだなと思いました。その奇跡にも感動しております」と感激した表情を浮かべた。(取材・文:壬生智裕)

映画『バースデー・ワンダーランド』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]