異例の超新人抜てき!細田佳央太&関水渚、先輩たちに感謝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主演は新人の二人! - 細田佳央太、関水渚

 映画『町田くんの世界』ジャパンプレミア舞台あいさつが7日に都内で行われ、約1,000人のオーディションを勝ち抜き主役の座を獲得した細田佳央太関水渚が出席。共に登壇した岩田剛典高畑充希ら先輩たちとの現場を振り返った。

岩田剛典ら豪華キャストがファンにサービス!【ほか写真】

 安藤ゆきの人気コミックを、『舟を編む』などの石井裕也監督が実写映画化した本作。運動や勉強は苦手だが、困っている人を見逃せない心優しき少年・町田くん(細田)の日常が覆る出来事を描き出す。

[PR]

 舞台あいさつには、太賀池松壮亮北村有起哉、石井監督も出席。「主役はオーディションで選んだのですが、すごく難しい役だったので、新人じゃ無理かなと思っていた」と振り返った石井監督だが、会場に現れた細田を見たときに「ピュアで一生懸命な好青年に出会ってしまった」と即決したという。

 演技経験のない二人が公開規模の大きな作品でいきなり主演を務めることは異例。石井監督は「たくさんのチャレンジが詰まっている」と語っていたが、細田も関水もプレッシャーは半端なかったそう。それでも細田は「自分のことでいっぱいいっぱいのなか、太賀さんや岩田さん、高畑さんや前田(敦子)さんら先輩方が積極的に話しかけてくださったので、緊張がほぐれました」と感謝を述べる。

 一方の関水も「毎日が緊張の日々だった」というなか、先輩俳優たちが優しくコミュニケーションをとってくれたことが嬉しかったと笑顔を見せる。なかでも「前田敦子さんは同級生の友達役だったので、休憩時間はたくさん話をしてくださいました。わたしが日焼けしやすい体質だと話したら、日焼け止めをくださったんです」と笑顔で撮影を振り返る。あまりにも嬉しくて、その日焼け止めの袋はいまでも保管していることを明かした。
 
 舞台あいさつ後半では、池松や北村といった演技派俳優からアドバイスを送られる場面もあった。石井監督は「テクニックとかそういうことではなく、人生初めてのフルパワーが出ている映画。二度とできない経験だよね」と言葉を投げかけ、映画には主演二人のパワーが映し出されていることを紹介した。

 細田、関水ともに「とにかく一生懸命お芝居しました」と作品に込めた思いを語ると、石井監督も「ものすごく冒険精神にあふれた映画なので、それを目撃してほしいです」と作品をアピールしていた。(磯部正和)

映画『町田くんの世界』は6月7日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]