女優・京マチ子さん死去 95歳 『羅生門』『雨月物語』など名作多数

京マチ子さん ご冥福をお祈りいたします
京マチ子さん ご冥福をお祈りいたします - Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『羅生門』などに出演した女優の京マチ子(本名・矢野元子)さんが、5月12日の午後12時18分、心不全のため都内の病院で亡くなった。95歳。14日に東宝が発表した。

【画像】京マチ子さん出演『羅生門』

 京さんの生前の意思により、テレビプロデューサー・演出家の石井ふく子さんら数名の友人の立ち会いのもと、この日に密葬が営まれた。ふく子さんによると、京さんは元気なころに自ら手配した、大好きなハワイの墓に入るという。現時点でお別れの会の予定はない。

[PR]

 京さんは1924年3月25日生まれの大阪市出身。大阪松竹歌劇団を経て1949年に大映に入社し女優デビューした。黒澤明監督の『羅生門』(1950)、溝口健二監督の『雨月物語』(1953)、衣笠貞之助監督の『地獄門』(1953)など、世界的な評価を受ける数々の名作に出演。1956年のハリウッド映画『八月十五夜の茶屋』ではマーロン・ブランドさんらと共演した。

 舞台でも活躍し、東宝製作舞台では橋田壽賀子さん作・石井ふく子さん演出の「喜劇離婚」「大家族」「夕やけ小やけでまだ日は暮れぬ」などに出演。最後の舞台出演は2006年の「女たちの忠臣蔵」瑤泉院役だった。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]