ビートルズへのラブレター!ダニー・ボイル監督作『イエスタデイ』10/11日本公開

人気シンガー・ソングライターのエド・シーランも本人役で出演! - (c) Universal Pictures

 『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が「自分以外は誰もザ・ビートルズを知らない世界になってしまったら……」という“もしも”を描いた映画『イエスタデイ』が10月11日に日本公開されることに決まった。

【動画】『イエスタデイ(原題)』海外版予告編(英語)

 主人公は、イギリスの小さな海辺の町に住む、売れないシンガー・ソングライター、ジャック(ヒメーシュ・パテル)。ある日、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭うが、昏睡状態から目を覚ますとこの世には史上最も有名なバンド、ビートルズが存在しないことになっていた! ジャックはそれをいいことに、ビートルズの曲を歌って成り上がっていくが……。

[PR]

常に楽しそうなダニー・ボイル監督 - 『イエスタデイ』メイキング写真

 『スラムドッグ$ミリオネア』で第81回アカデミー賞作品賞、監督賞など8部門受賞を果たしたボイル監督が、「これはザ・ビートルズへのラブレターだ」と語る本作。幼なじみで親友のエリー役で『シンデレラ』のリリー・ジェームズ、本人役で人気シンガー・ソングライターのエド・シーランら豪華キャストが出演している。生涯における“お気に入りアルバム”の1枚にビートルズの「ハード・デイズ・ナイト」を挙げるリチャード・カーティス(『ラブ・アクチュアリー』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』の監督・脚本家)が脚本を執筆した。(編集部・市川遥)

映画『イエスタデイ』は10月11日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]