堤真一&柳楽優弥、抱き合って『泣くな赤鬼』の公開喜ぶ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
熱い抱擁!

 俳優の堤真一柳楽優弥が15日、都内で行われた映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつに出席。公開を迎えて感慨深げな柳楽は「公開されたということは僕たちの手を離れるということ」と前置きした上で、「ハグしてください」と堤にハグをリクエスト。堤がこれに笑顔で応えて壇上で数秒間、抱きしめ合って作品の完成を喜んだ。この日は堤と柳楽のほか、川栄李奈竜星涼堀家一希武藤潤兼重淳監督も登壇した。

【写真】妊娠中の川栄李奈はゆったりとしたドレスで登場

 ベストセラー作家・重松清の短編集「せんせい。」所収の「泣くな赤鬼」を映画化した本作は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた高校教師で野球部監督の小渕隆(堤)の再会を描く。かつての教え子でゴルゴこと斎藤(柳楽)と再会した小渕は立派な大人に成長したゴルゴが病に侵され、命の期限が迫っていることを知る。

[PR]

 無事に公開を迎えた堤は「昨日初日で、うちの社長が観に行ったらお客さんが10人しかいなかったらしいですよ」と自虐。「こういう作品は事件も起こらないし、人間を淡々と描く作品。あんまりお客さんが入らないけど少しでも多くの方に観てもらいたいです」と客席に呼びかけた。

 映画の内容に絡め、「再会してみたい人」がトークのお題に挙がると、堤は、小渕を演じる際に参考にしたという自身の中学時代の恩師の名をあげ、「めちゃくちゃ怖くて、昔ですからよく殴られたりもした。脚本を読んだ時からその先生をイメージして演技をしていて、この作品をぜひ観ていただきたいなと思っていたら、2か月くらい前に亡くなってしまって。もし生きていたら劇場に行って観てくれただろうなって」としみじみとコメント。

 高校時代のゴルゴを演じた堀家は、役作りにあたって柳楽の演技を参考にしたそうで、「柳楽さんのお芝居をずっと見学させていただいたんですけど、見ていて好きになりました」と照れくさそうに告白。「笑顔が可愛いんです。人としていい人なんだろうなって。こういう人になりたいなって思いながら演じていました」と述べると、これに柳楽も「僕も好きになりました」と嬉しそうな表情を見せた。

[PR]

 川栄はキムラ緑子とのシーンが印象的だったとのこと。「(以前)ドラマでわたしのお母さん役を緑子さんがしてくれて共演していたんです。それですごくご縁を感じていました。リハから全力で号泣する緑子さんを見て、いろいろなことを学びました」と撮影を回顧。「この映画を観終わった後に家族のありがたみとか友達のありがたみを感じました」とも述べ、「今おじいちゃん、おばあちゃんには年に一回会うか会わないかなので、この映画を通じて改めておじいちゃんおばあちゃんに会いたいと思うようになりました」と映画を通じて自身が成長したことを明かしていた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]