古川雄輝、一般女性と結婚 秋ごろパパに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
おめでとうございます! - Photo by Paul Zimmerman/WireImage/ゲッティイメージズ

 俳優の古川雄輝(31)が23日、一般女性(35)との結婚を、事務所を通じて発表した。すでに同居中で現在、女性は妊娠5か月。秋ごろ出産予定だという。本件に関する会見の予定はなく、式・披露宴は未定。

妖艶なゼラ役で大人気!『ライチ☆光クラブ』舞台あいさつ

 事務所からの書面によると、2人の出会いは約8年前。共通の友人の誕生日パーティーで出会ったことを機に交際に発展。一度は友人関係に戻ったものの、昨年春にあらためて結婚を前提とした交際をスタート。6月22日、都内区役所に婚姻届を提出した。

[PR]

 古川自身も23日、Twitterで「この度、かねてよりお付き合いしておりました女性と入籍致しました事をご報告させて頂きます。そして実は新たな命を授かり、より一層俳優として精進し真摯に向き合って参りたいと思っております」と入籍を発表。「これまで温かく支えてくださった皆様には突然のご報告となり申し訳ございません。今後とも変わらぬご声援を頂ければ幸いに思います」と呼びかけている。

 古川は1987年12月18日、東京都生まれ。7歳からカナダで8年間過ごし、中学卒業とともにカナダからアメリカ・NYに渡り、語学堪能。慶応義塾大学理工学部システムデザイン工学科在学中にミスター慶応コンテストでグランプリを受賞。2010年、俳優デビューを果たし、多田かおる原作のドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」(2013)のIQ200の天才イケメン、入江直樹役が当たり役となり国内外で名前を広く知られることに。代表作に映画『脳内ポイズンベリー』(2015)、『ライチ☆光クラブ』(2015)、『曇天に笑う』(2018)、ドラマ「僕だけがいない街」(2017)など。7月に村上春樹原作の主演舞台「神のこどもたちはみな踊る」を控えている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]