篠原涼子、初日の興奮を観客と共有!客席に向かって「愛してる」

主演作が公開初日を迎えた篠原涼子
主演作が公開初日を迎えた篠原涼子

 映画『今日も嫌がらせ弁当』の初日舞台あいさつが28日にTOHOシネマズ日比谷にて行われ、主演の篠原涼子をはじめ、芳根京子佐藤隆太松井玲奈佐藤寛太フレンズ(主題歌を担当)、メガホンを取った塚本連平監督が出席した。満員の客席からの反応に篠原は大興奮。最後には「愛してるよ~!」と呼びかけた。

【写真】みんな嬉しそう!『今日も嫌がらせ弁当』初日舞台あいさつの様子

 本作は人気ブログを書籍化したエッセイを映画化したもの。八丈島に暮らすシングルマザーのかおり(篠原)が、高校生になり反抗期を迎えた娘・双葉(芳根)の嫌がるキャラ弁を作り続けるさまを通じて、弁当に込められた母親の愛情あふれるメッセージを伝える。八丈島の雄大な自然の中で暮らす登場人物たちをユーモラスにいきいきと描き出す感動作だ。

[PR]

 待望の初日を迎えて緊張の面持ちの篠原が「嘘じゃなくて本当に昨夜は(緊張で)眠れませんでした」と告白すると、会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こった。続けて篠原は「こんな作品に出会えたことに感謝しています」と感激仕切りの様子であいさつ。そんな篠原に「涼子ちゃーん」「かわいい~」とたくさんの声かけが続く。篠原は「嬉しいな。もっと言って(笑)」と満面の笑みを見せた。

 作品について篠原は「かおりのすごいところは、3年間ずっとキャラ弁とユーモアあふれるメッセージを作り続けたところ。その忍耐力は素晴らしい」と説明。同じ母親として大いに学ぶところがあったようだ。「皆さんの感想が楽しみ」とコメントすると、またもや大きな歓声が上がった。

今日も嫌がらせ弁当

 一方、憧れの篠原と親子役で共演した芳根は「本当に緊張しました!」とこちらも大興奮の様子で、先日連絡先を交換したとことを明かし、「お食事をご一緒させていただきました。イタリアンをご馳走になりました」と大感激していた。(取材・文:福住佐知子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]