『人間失格』小栗旬の色香漂う2ショット!蜷川実花監督が撮り下ろし

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『人間失格 太宰治と3人の女たち』より。太宰(小栗)と愛人・静子(沢尻エリカ) - (C) 2019 『人間失格』製作委員会

 小栗旬が“破滅型作家”太宰治にふんする映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日公開)で、太宰と彼を愛した3人の女たちの2ショット点が公開。監督の蜷川実花が自ら撮り下ろした色香漂うビジュアルで、正妻・美和子(宮沢りえ)、愛人・静子(沢尻エリカ)、最後の女・富栄(二階堂ふみ)、三者三様の関係が垣間見える。

【写真】『人間失格』2ショット<3枚>

 太宰の代表作「人間失格」誕生秘話、彼のスキャンダラスな生きざまを、実話に基づくフィクションとして映画化する本作。公開された写真は、太宰を抱きしめる正妻・美和子、ベッドで太宰と寄り添う愛人・静子、太宰にバックハグされる最後の女・富栄の3枚。それぞれ色味も雰囲気もガラリと異なる背景も印象的だ。

 太宰の妻であり、母性あふれる美和子は太宰の才能を誰より理解し、太宰が自分をさらけ出して甘えられる唯一の存在。静子は上流階級の出で、戦後の混乱の中で世間体を気にせず太宰との恋に身を焦がしていく少女のような女性。未亡人の富栄は、盲目的に太宰との情事に溺れ、病で弱っていく晩年の太宰に寄り添った。(編集部・石井百合子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]