「おっさんずラブ」最終回で田中圭、監督と揉める

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
連続ドラマ版の最終回の撮影を回想する田中圭

 俳優の田中圭が9日、都内で行われた『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開記念!連続ドラマイッキ見上映会に瑠東東一郎監督と共に登壇し、最終回撮影時の知られざるエピソードを明かした。

【写真】田中圭の35歳の誕生日をお祝い!

 本作は、モテない独身ダメ男・春田創一(田中)、乙女心を秘めた上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSなイケメン後輩・牧凌太(林遣都)の笑いあり涙ありの三角関係を描いたラブコメディー。2018年4月クールに放送され、放送時、Twitterの「世界トレンド1位」を記録したほか「2018年ユーキャン新語・流行語大賞」でトップ10入りを果たすなど社会現象を巻き起こした。

[PR]

瑠東東一郎監督

 連ドラ版の好きなシーンを尋ねられると、田中は「やっぱり最終回は印象に残っています。結婚式の武蔵の男らしいところにはグッとくる」とコメント。続けて瑠東監督が最終回のラストシーンを挙げると、田中は「その続きはご想像にお任せしますみたいにブラックアウトするじゃないですか。あの撮影の時に監督ともめたんですよ」と突然の告白。「あんな大事なシーンでゾイド(春田の部屋に飾られているフィギュア)を撮ろうとするんですよ。ブラックアウトじゃなくて、ゾイドとゾイドがチューしているところを(ラストカットとして)撮ろうとするから、それは違うだろう! と言って……」と当時の状況を説明した。会場から驚きの声が上がると、瑠東監督は「(現場も)ざわざわしたよね。プロデューサーと圭くんにめちゃめちゃ怒られ、結局やめました」と気恥ずかしそうに笑っていた。

 田中はさらに映画版について、「(クランク)インする前に『俺は向こう10年、誰も作れない映画を作りたい』(と言っていた)」と瑠東監督の熱血ぶりに触れた。また、「香港ロケでも『圭くん、スタントとか用意せんで! 田中圭ならいけるっしょ!』とアクションシーンについて何も聞かされない田中に対して前のめりだったことを明かし、瑠東監督を「恥ずい……」と慌てさせていた。

[PR]

 仲睦まじいのは二人だけではなく、田中は「すべての現場がこうあるべきだと思うくらい『おっさんずラブ』の現場が好きだったので、違う現場でもそういう現場を目指してやっています」とスタッフ・キャストの雰囲気の良さをアピールすると、「全く悪意がない世界」の本作を「楽しんでもらいたい」と呼び掛けた。

 また明日10日が35歳の誕生日ということで、サプライズで“はるたん弁当”型誕生日ケーキを贈られる場面もあり、田中は撮影前にフライングでケーキの端をかじると「おいしい」と笑顔。ファン一同からバースデーソングも歌ってもらうと、「ありがとうございます」と感謝した。そして、「35歳の目標は、『おっさんずラブ』で学んだことを少しずつでも広めていきたい。頑張ります」と“おっさんずラブイズム”を継承していくことを誓っていた。(取材:錦怜那)

『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は8月23日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]