『君の名は。』超えの大ヒットスタート!『天気の子』初日に新海誠監督が胸中語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
好スタートを切った『天気の子』

 新海誠監督が19日、都内で行われた映画『天気の子』の初日舞台あいさつに登壇。社会現象を巻き起こした2016年の映画『君の名は。』超えの大ヒットスタートを記録した『天気の子』だが、新海監督は複雑な胸中を語った。

新海誠監督『天気の子』笑顔の初日舞台あいさつ【写真】

 本作は、東京にやってきた家出少年の帆高(醍醐虎汰朗)と、天気を変えることができる不思議な力を持った少女・陽菜(森七菜)が、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択していく姿を描いた作品。

[PR]

 公開初日となる19日の15時時点の観客動員数は、興行収入250.3億円のスーパーヒット作『君の名は。』初日との対比118%を記録。前作は夏休み中に初日を迎えたが、今回は夏休み前にしてこの記録ということで、メガヒットの期待が高まる。

 公開直前まで制作に勤しんだ新海監督が、「嘘のような気がします。本当に完成するのかという心配が最後までありました。でも、とうとう観ていただけて夢のようです」としみじみと話すと、観客からは盛大な拍手が送られた。しかし、監督は「実はまだ不安なんです」と胸中を告白。というのも、本作の結末について「『わたしもそうだよ』と思う方がいると信じて作った映画でもあるけど、同時に『違う』と思う方もたくさんいらっしゃると思う」と見解を示すと、「これからたくさんの意見を浴びることが怖くもあり、何よりも楽しみにしていました」と複雑な思いを素直に打ち明けた。

 とはいえ、『君の名は。』以来3年ぶりの新作となる本作に自信を見せる新海監督は、「映像、音楽の製作には何百人もの人がかかわっていて、僕はその代表としてここに立たせてもらっています。アニメーターたちスタッフが今まで磨いてきた技の結晶がこの2時間ですので、それを楽しんでいただけたなら幸せです」と思いを込めた。

[PR]

 この日は、声優を務めた醍醐、森、吉柳咲良本田翼小栗旬も来場。2,000人を超えるオーディションを勝ち抜いて役を射止めた醍醐は、本日0時に世界最速上映があったことに触れつつ、「胸がいっぱい。昨日の(夜)11時半くらいから、今から届くのか……と(音楽を担当した)RADWIMPSさんのCDを聞きながら一人で泣いていました」と告白。陽菜と同じチョーカーをつけて登場した森は、本作を「大変だったことも楽しかったこともあって、その集大成」と表すと、「うれしい気持ちでいっぱいです」ととびきりの笑顔を見せていた。(取材:錦怜那)

映画『天気の子』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]