『東京喰種』窪田正孝“カネキ”の味に松田翔太&山本舞香ご満悦!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左から平牧和彦監督、川崎拓也監督、白石隼也、木竜麻生、松田翔太、小笠原海、窪田正孝、桜田ひより、村井國夫、山本舞香、アヴちゃん

 俳優の窪田正孝が19日、都内・丸の内ピカデリーで行われた『東京喰種 トーキョーグール【S】』初日舞台あいさつに登壇し、続編の公開に笑顔を見せた。この日は共演の松田翔太山本舞香小笠原海白石隼也木竜麻生桜田ひより村井國夫川崎拓也監督と平牧和彦監督らチームが集結。サプライズゲストとして、主題歌を担当する女王蜂アヴちゃんが駆け付けた。

【動画】イベントの様子

 本作は、石田スイの人気コミックに基づき、人間を捕食する種族・喰種(グール)とのハーフの大学生の戦いを描くアクションホラーの第2弾。前作に続き、主人公の大学生カネキを演じる窪田は、大勢の観客を前に「ここにいる皆で力を合わせて作ってきた作品をお見せする日が来て、ものすごく感慨深いです」とあいさつ。約2年ぶりの続編に「2年前に1が公開されて、撮影も大変な中で進んでいったんですけど、でも1でやったものが新しいキャスト、スタッフに引き継がれて、受け継がれて、形を変えて今回の【S】になったので。こうやって作品が続いていくことは役者をやっていてすごくうれしいことだなと純粋に思います」としみじみ。

[PR]

 続けて「1」との違いについて質問された窪田は「監督も違うし、(トーカ役の山本)舞香も違うし、(月山習役の松田)翔太さんも違うし。全部違うというか……」と答えを探りつつ、ユニークな表現を用いて説明した。「もちろん1から引き継いでいらっしゃるキャストの方もいらっしゃるんですけど、そこに新しいスパイスが加わったというか。例えばハイブランドからいろいろと派生するブランドみたいな。Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)からY-3(ワイ・スリー)みたいな感じで。ジャンルが違うんです」
 
 東京を皮切りに大阪、パリとプレミア上映を行ってきた本作。その反響を尋ねられた松田は、特に印象に残っているとしてパリを挙げ、「会場の燃え上がり方というか。すごい熱気だったので、うれしく感じました。コスプレしている方もたくさんいたし、遠くの方も声を出して盛り上げてくれる。ボンジュールと言うだけでまず沸いて。素晴らしかったです」と現地での熱い反応を振り返った。

 なお、本作のタイトルにある【S】にはさまざまな意味があり、その中の一つに「シークレット」が含まれることから、「自分だけが知っている秘密」をテーマにしたトークを展開。窪田は「舞香は実は黒が好き」と言い、松田に「先輩、何かありますか?」と回答を促すと、松田は「(原作者の)石田スイ先生が現場にいらっしゃっていて、ロケ弁を食べていらっしゃったのですが、1分ぐらいで完食されていました(笑)」と貴重なエピソードを披露。また、「(月山が劇中で食す)目玉の味はヨーグルトの味」だったそう。山本も「カネキの味はイチゴ味でした。肩をかじらせていただいて美味しかったです(笑)」とぶっちゃけると、松田も「ぼくは、おなかをかじらせていただきまして」と続け、会場は大いに沸いた。

[PR]

 そんな中、この日は劇中に登場する新キャラクターで、ピエロ集団の一員である宗太役のキャストが新田真剣佑であることがサプライズ発表された。会場から驚きの声があがったが、一部の熱心なファンはすでに彼ではないかと感じていたという。窪田も「ぶっちゃけ登場人物紹介のパンフには名前の部分が墨で隠されていたんですけど、あの字体で当てた人が多かったようで。5文字だったし。だから同じような感覚でわかった方がいたようでうれしかったですね」と笑顔で付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

『東京喰種 トーキョーグール【S】』は全国公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]