新木優子×高良健吾が初共演!ドラマ「モトカレマニア」10月スタート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
楽しみな組み合わせ!新木優子×高良健吾

 新木優子高良健吾が10月よりフジテレビの木曜劇場(木曜よる22時~)で放送されるドラマ「モトカレマニア」でダブル主演を務め、初共演を果たすことが明らかになった。

新木優子、ドレス姿が美人すぎ!【写真】

 ドラマ化もされた「臨死!! 江古田ちゃん」などで知られる瀧波ユカリの同名コミックを原作とする本作。「女だって引きずる!!!」を合言葉に、元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になった女の子の混乱と暴走、試行錯誤の物語が描かれる。

[PR]

 新木ふんする主人公の難波ユリカは、元カレのマコチのことが好きすぎるあまり、毎朝SNSで名前を検索したり、心の中で妄想の会話をしたり、はたまた初対面の男性に対して“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとの共通点を見つけて恍惚の表情を浮かべる27歳独身のOL。見た目などのスペックが悪いわけではないが、うまく恋愛ができないという役どころ。

 今回、地上波ドラマ初主演となる新木は「“この感覚、味わったことある!”と誰もが思うような描写がたくさんあって、私も読んでいてすごく楽しかったです。原作の瀧波先生がすごく楽しんで原作を書かれているのが読んでいて伝わってきたので、私自身演じることを楽しみたいなと思います」と意気込み。

 一方、高良が演じる元カレのマコチこと斉藤真は、不動産会社に勤務する30歳独身のイケメン。5年前にユリカと別れることになってから姿を消していたが、彼女と不動産会社で同僚として再会することに。真っすぐすぎる性格のあまり、知らず知らずのうちにユリカの心を大きく揺さぶってしまう好青年だ。

 2016年の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」以来となるフジテレビドラマ主演となる高良は「自分でも驚くほどスッと受け入れることができました。それはラブコメという、自分が今まで経験したことがないジャンルだったからだと思います。新しいことをするときにプレッシャーは付き物ですが、それよりも新しい何かに出会える気がしてワクワクしています」とコメントを寄せている。

 演出を務めるのは「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で高良とタッグを組んだ並木道子。脚本をドラマ「コウノドリ」シリーズ、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』などの坪田文が手掛ける。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]