『トップガン』34年ぶり続編、来夏日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
トム・クルーズ演じるマーヴェリックがカムバック!(映画『トップガン マーヴェリック』ティザーポスター) - (C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

 1986年にトム・クルーズ主演で公開された映画『トップガン』の続編が、『トップガン マーヴェリック』の邦題で2020年夏に日本公開されることが決定。約34年ぶりに、トムが型破りなパイロット・マーヴェリックにふんする。あわせて日本版特報も公開され、30年以上にわたる軍務を経てもなお、昇進せずにいるマーヴェリックの姿が見られる。

【動画】待望の続編!映画『トップガン マーヴェリック』日本版特報

 『トップガン』は、トムの出世作とも言えるアクション映画。米海軍が設立したエリートパイロット養成機関“トップガン”を舞台に、主人公マーヴェリック(トム)やクールなパイロット・アイスマン(ヴァル・キルマー)ら、男たちの青春を活写した。

[PR]

 映像は、一機の戦闘機が広大な土地を飛行するシーンからスタート。お馴染みのテーマソングをバックに、レザージャケットを着たマーヴェリックがバイクで疾走する姿は前作を彷彿させる。

 主演のトムは、現地時間18日、アメリカ・サンディエゴで開催中の「コミコン・インターナショナル2019」にサプライズ登場。「みんなが観る映像は、全てがリアルだ。海軍を歩くシーンや、すべてのフライトシーン、みんな本物なんだ。戦闘機の機内にいるような体験をしてもらえると思う」と待望の続編に自信をのぞかせている。

 マーヴェリック役のトムに加えて、アイスマン役のヴァルもカムバック。その他、『セッション』のマイルズ・テラー、『ビューティフル・マインド』のジェニファー・コネリー、『ベイビー・ドライバー』のジョン・ハム、海外ドラマ「ウエストワールド」のエド・ハリスがキャストに名を連ねる。

 メガホンを取ったのは、前作を手掛け、2012年に亡くなったトニー・スコット監督に代わって、『オブリビオン』でトムとタッグを組んだジョセフ・コシンスキー監督。前作に引き続きジェリー・ブラッカイマーが製作を担当している。(編集部・倉本拓弥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]