声優初挑戦の山崎賢人、人気声優からの称賛に破顔!

声優初挑戦を振り返った山崎賢人

 俳優の山崎賢人が25日、都内で行われた映画『二ノ国』ジャパンプレミアに出席し、声優の梶裕貴(ダンパ役)からの「素敵でした」という称賛の言葉に破顔した。イベントには、ユウ役の山崎をはじめ、新田真剣佑(ハル役)、永野芽郁(コトナ/アーシャ姫役)、宮野真守(ヨキ役)、津田健次郎(ガバラス役)、百瀬義行監督、製作総指揮の日野晃博も参加した。

山崎賢人ら豪華キャストずらり【イベント写真】

 レベルファイブの人気RPGゲームの世界観を基にした本作は、現実世界の一ノ国と魔法世界の二ノ国を舞台に、二つの世界を行き来する少年たちが直面する究極の選択を描く。

[PR]

 声優初挑戦となる山崎はオファーを受けたとき「僕に声優の仕事ができるのかな」と不安に感じ、梶に相談をしたという。梶は「すごく面白そうな作品と聞いていたので、自分にできるアドバイスをさせていただいたのですが、出来上がった作品を観たとき(山崎の役が)とても素敵でした」と出来に太鼓判を押すと、山崎は「ありがとうございます。嬉しいです」と破顔。

 さらに山崎は「声を入れているときはわからなかったのですが、百瀬監督が作られた絵や、久石(譲)さんの音楽のなかに自分の声が存在していることに、素直に感動しました」と感無量な表情を浮かべていた。

 また、「一度梶さんとアフレコをご一緒する機会があったのですが、普通に『おはよう』と入ってきてから、スッとダンパに切り替わるスイッチがすごい。間近で見ることができて感動しましたし、なんて贅沢な時間なんだと思いました」と山崎が梶との共演を振り返ると、梶も「普段ご一緒することがない方とのお芝居はすごく刺激を受けます」と相乗効果があったことを明かしていた。

 山崎は「僕が演じたユウは、いろいろなことを迷いながら生きているのですが、『ここは頑張ろう』と決めた部分での意思が強い」と自身が演じた役柄の特徴を述べると「そういうところは僕にもあるので共感できました」と語っていた。(磯部正和)

映画『二ノ国』は8月23日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]