奥野壮、感極まる!劇場版『仮面ライダージオウ』初日に

ついに初日!
ついに初日!

 俳優の奥野壮が26日、都内で行われた『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』初日舞台あいさつに登壇。奥野は、初めて劇場版に参加した俳優・一ノ瀬颯の感情の揺らぎにつられたこともあり、万感を胸に瞳をうるませた。

【写真いっぱい】イベントの様子

 常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役の奥野は、「素直にうれしいです。集大成と呼べるような映画が皆さんのもとに届くのは感慨深いもので、僕にとって今日は価値のある日になっています」としみじみ。コウ/リュウソウレッド役の一ノ瀬は、「戦隊とライダーの偉大さを感じます。たくさんの方に注目してもらえるのは、このシリーズに携わってこられた先輩方が築き上げた信頼や実績があるからで、このようなすばらしい作品に携われていることがうれしいです」と興奮のあまり言葉がまとまらない中、何度も言い直しながらも素直な思いを伝えた。

[PR]

 奥野にとっての見どころは「ウォズとの牢屋のシーン」で、「自分なりに考えて出したセリフを監督が『いいね』と言って使ってくださったので、1年間の成長を監督に見せられ、視聴者の皆さんにも観ていただけるようなシーンになっています」とアピール。一ノ瀬は、「ガイソーグと対峙したシーン。相手を倒すのではなく、説得するために戦うときに、今までにないコウの新しい表情が表れていると思います。監督にメチャクチャ格好良く撮ってもらったので、お気に入りのシーンです!」と声を張った。

 そして最後、「僕たちが全ソウルをつぎ込んで作り上げた自信作、楽しんでいただけたら幸いです! 『リュウソウジャー』と『ジオウ』、愛してください!」と元気に呼び掛ける一ノ瀬だが、急にしょんぼりする姿も見せるなど、自身初の映画初日に感情が高ぶってしまったよう。その様子を隣で見ていて、「俺もヤバい……」と目に涙を浮かべる奥野。しかし、観客から「頑張れー!」とエールをおくられると気持ちを立て直し、「ついに公開となったことをうれしく思います。もう1回観たいと思ったら、ぜひ劇場に足をお運びください」と笑顔を見せていた。

 イベントには、『ジオウ』から押田岳大幡しえり渡邊圭祐前野朋哉若林時英斉藤秀翼田崎竜太監督、『リュウソウジャー』から綱啓永尾碕真花小原唯和岸田タツヤ兵頭功海上堀内佳寿也監督も来場。トークで盛り上がったほか、二大ヒーロー王国(映画)の建国(初日)を祝したテープカットも行われた。

[PR]

 平成最後の仮面ライダー作品「仮面ライダージオウ」の劇場版は、仮面ライダードライブを救うため、戦国時代にタイムスリップするジオウたちの活躍を描く。「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の劇場版では、6,500万年前の恐竜時代にタイムスリップしたリュウソウジャーが、地球を守る戦いを繰り広げる。

 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』のエンドロールには5月20日、89歳で逝去した、特撮ヒーローやアニメーション、Vシネマ等、数多くの映像娯楽を生み出したパイオニア的存在の元東映副社長・渡邊亮徳(わたなべよりのり)さんの死を悼み、「We miss you, Yoshinori Watanabe (1930-2019)」の一文がクレジットされている。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]