奥野壮、「仮面ライダージオウ」1年間駆け抜けて「この4人で良かった」

奥野壮
奥野壮

 俳優の奥野壮が28日、丸の内TOEIで行われた『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』公開記念舞台あいさつに押田岳大幡しえり渡邊圭祐と共に出席し、「この4人で良かった」と晴れやかに語った。この日はほかに DA PUMP田崎竜太監督らも来場した。

【写真】ISSA、変身ポーズを生披露!

 消滅の危機にある仮面ライダードライブを助けるために戦国時代にタイムスリップをすることになった仮面ライダージオウこと常磐ソウゴ(奥野)たちの活躍を描いた本作。歴史の管理者と名乗る謎の集団クォーツァーのリーダー格である謎の男を演じたISSAは、劇中で仮面ライダーバールクスに変身することを踏まえ、「今回、やっと変身することができました」と感激の表情。客席からも「おめでとう!」といった歓声が沸き起こった。

[PR]

 ISSAは、本作に対する思い入れが強いようで、「いろんな思いがこの映画にあったので、話し出すと止まらないんですが……」と切り出すと、「今日もヤバかったですね。また涙してしまいました」と述べた。そんなISSAに向けて田崎監督が「みなさんご存知の通り、平成仮面ライダーは、幾度となくISSAさんのお力を借りているんです。あらためてお礼を言いたいと思います」と呼びかけると会場からは大きな拍手。「平成仮面ライダーを締めくくるラスボスとして、ここまでふさわしい人はいないと思ってお願いしました。ご快諾いただいて本当に良かったと思います」という田崎監督の言葉に、さらなる歓声が沸き起こった。

 本作は「仮面ライダージオウ」の集大成であると同時に、平成仮面ライダーの集大成となる作品。奥野が「この4人だからこそ、つらいことや苦しいことも一緒に乗り越えてきたし、毎日の撮影が楽しかったのはこのメインキャストたちのおかげ。ここまで一緒にこられて良かったなと思います」としみじみ語ると、押田も「たぶん僕の人生のなかで一番濃く関わった3人。タイムジャッカーも含めて大事な存在になった方たちなので、たぶんこの先も関わっていくんだと思う。1年間ありがとうございました」と感慨深げ。

[PR]

 大幡は「初めの方は、この4人のなかで女性はわたしひとりだったので、仲良くなれるかなと心配だったんですけど、毎日楽しく撮影ができて良かったなと思います」とコメント。渡邊も「ジオウがこんなに愛される作品になったのはこの3人とやったからかな。いいメンバーとやれて、感謝しています」と笑みを浮かべる。

 最後に田崎監督が「ジオウというシリーズが宿命的に持っているのは、毎回レジェンドたち、卒業生たちが出てくるということ。でも主役は彼らなので負けちゃいけない。彼らは自分たちより経験値のある人たちと戦っていかないといけなかったんですが、それがあったからこそ、最後の最後でISSAさんと戦うことができるまでになったんじゃないかなと思います」とキャスト陣の成長ぶりに目を細めた。(取材・文:壬生智裕)

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』は全国公開中(『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』も同時上映)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]