涙が止まらない…『アベンジャーズ/エンドゲーム』感動的な削除シーンが公開

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』より - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 マーベル映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感動的な削除シーンをUSATODAY.comが公開した。ヒーローたちが勢ぞろいしてあることをするシーンで、ファンは涙を誘われるはずだ。(以降『エンドゲーム』ネタバレあり)

【動画】『アベンジャーズ/エンドゲーム』泣ける削除シーン

 『エンドゲーム』は、最凶最悪の敵サノスによって全宇宙の生命の半分が一瞬で滅ぼされてしまった世界を舞台に、残されたアイアンマンをはじめとするヒーローたちが最後にして最大の戦いに挑むさまを描いたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成的作品。約10年王座に君臨してきた『アバター』を抜き、世界興行収入ランキング歴代1位となる快挙を成し遂げた。

[PR]

 今回公開されたのは、アイアンマンの死の直後のシーン。本編では妻ペッパー・ポッツが最後の別れをした後に暗転していたが、その後のシーンも撮影されていたのだ。自らを犠牲にしたアイアンマンに敬意を示すため、ホークアイが片膝をつくと、ブラックパンサー、キャプテン・マーベル、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々……とヒーローたちが次々にそれに続き、特にこうなることを見越していたドクター・ストレンジの表情には胸を締め付けられる。

 監督のルッソ兄弟は「感動的な演技の美しいシーンだが、この撮影の後にトニー・スターク(アイアンマン)の葬儀のシーンを撮ることになった。最終的には、僕たちにとって、葬儀のシーンがより胸に響き、エモーショナルにトニーの死を反映しているものになったんだ」とこのシーンをカットした理由を説明している。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』は日本では上映が終了しており、MovieNEXが9月4日に発売されることが決まっている。初回限定となるボーナスディスクには、「スタン・リーの功績」「ロバート・ダウニーJr.の存在」「キャプテン・アメリカを振り返る」など製作の舞台裏や未公開シーンといった貴重映像が多数収録される。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]