高橋一生、キャリア初の“精霊役”に自信!

右手をあげる高橋一生
右手をあげる高橋一生

 俳優の高橋一生が30日、都内で行われた「コミックシーモア新CM発表会」に登壇し、キャリア初の精霊役に自信をのぞかせた。

高橋一生、めっちゃ笑顔!【写真】

 電子書籍配信サイト「コミックシーモア」では、高橋がコミックシーモアの精霊として女性たちを癒す新CMを31日より放送。高橋は、「役者人生で初めて精霊役をやらせていただきました。ぜひ多くのみなさんに観ていただけたら」と呼び掛けた。撮影では「あんまり押しつけがましくなく、ふと気づいたらそこにいる存在感を大事にしながらやらせていただきました」と振り返り、監督・スタッフ・キャストらと話し合いを重ねて作り上げた同役に自信たっぷりの様子だ。

[PR]

 自身にとって漫画は「そばにいつも寄り添ってくれた存在」だそうで、「漫画を読み始めた少年時代から好きなものは全然変わっていないですね。『(週刊)少年ジャンプ』は大好きで、いまだに『ドラゴンボール』や『ジョジョ(の奇妙な冒険)』は大好きです」と笑顔。そして、「毎週月曜日に発売になるので、走って早く売っているところを探して、みんなでジャンプの内容の話をしていましたね」と少年時代を懐かしんだ。

 また、漫画は俳優人生に「活きてくる」と話すと、「コマとコマの間ではどういう動きをしているんだろうと想像するので、想像力は自然と培われていると思います」とコメント。「漫画がなかったら、お芝居でこういうことをやってみようというスイッチングや機転になることもなかったと思います。だから自分にとって漫画は大事なものです」とも語った。

 現在放送中のTBS系連続ドラマ「凪のお暇」で、主人公・凪(黒木華)の元カレ・我聞慎二を演じている高橋は、「原作の漫画家のコナリ(ミサト)さんは、とても可愛らしい絵を描かれている」と紹介しつつ、「僕がお芝居をさせていただくとヘビーなシーンがあるんですが、漫画で読むとライトに伝わってくるので、絵柄で左右される世界観がありますね」と漫画独特の世界観にも触れていた。(取材:錦怜那)

CM「コミックシーモア 私へのご褒美」主婦篇/OL篇は7月31日より放映

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]