米女優アフトン・ウィリアムソン、人種差別・セクハラを無視されドラマ降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「ザ・ルーキー(原題)」のアフトン・ウィリアムソン
「ザ・ルーキー(原題)」のアフトン・ウィリアムソン - Rick Rowell via Getty Images

 米テレビドラマ「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」などの俳優ネイサン・フィリオンが主演するドラマ「ザ・ルーキー(原題) / The Rookie」で、同僚警官タリアを演じている女優のアフトン・ウィリアムソンが、人種差別とセクハラを無視されたとして降板を明らかにした。

【画像】「ザ・ルーキー(原題)」のネイサン・フィリオン

 アフトンは自身のInstagramで事の経緯を明らかにしている。それによると、2018年春のパイロット版の撮影から、ヘアメイク担当者から人種差別的なコメントと行動をされた上、複数エピソードに出演していたゲスト出演者からセクハラを受けていたとのこと。

[PR]

 彼女は製作総責任者でもあるエグゼクティブプロデューサー、アレクシ・ホーリーに報告をしたものの、彼は人事部への報告を怠り、きちんとした調査も行われなかったそう。その結果、ヘアメイク担当者の嫌がらせは、シーズン1の打ち上げパーティーでアフトンに対する性的暴行にまで発展。その後、ようやくクビになったという。

 ゲスト出演者に関しても、クビにすると約束をされたにもかかわらず、その後のエピソードに再び出演が決まったため、アフトンがアレクシに問い正したところ、報告をしていないことを認め、クビにもしていないことが明らかになったとのこと。

 「すべてはちゃんと処理できているから」と言われ、アフトンはシーズン2への出演をオファーされたらしいが、実際には調査も始まっていなかったため降板を決断。世界中が女性の権利に目を向けている今こそ、声を上げるのに最適だと考え、自分に起きたことを明らかにしたという。

 アフトンの告発を受け、同ドラマの制作会社 Entertainment One は事態を重く受け止め、独自の調査を始めたが、それ以上のコメントはできないと言っている。当のエグゼクティブプロデューサー、アレクシは「彼女の個人的な決断についてコメントできる立場にいません」とTVLineに語っている。(澤田理沙)

お詫びと訂正:初出時の人名に誤りがありました。お詫びして訂正致します。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]