アンジェリーナ・ジョリーの息子、韓国の大学に入学

マドックス君とアンジェリーナ・ジョリー(2017年のトロント国際映画祭にて)
マドックス君とアンジェリーナ・ジョリー(2017年のトロント国際映画祭にて) - Alberto E. Rodriguez / Getty Images

 アンジェリーナ・ジョリーの長男マドックス君(18)が、韓国の延世大学に入学することになったとPEOPLE.comなどが報じた。

ブラピ&アンジーの可愛すぎる子供たち!来日時フォトギャラリー

 延世大学は韓国で最も伝統のある名門私立大学で、マドックス君は生化学を学ぶことになるという。関係者は「彼は他の大学にも合格しましたが、延世大学を選びました。彼は韓国語も学んでいます。週に複数回レッスンを受けて準備をしています」と明かした。アンジェリーナはマドックス君と共に韓国に渡り、彼が8月下旬から新生活を始める手伝いをするとのこと。同関係者は「彼女はとても誇りに思っています。息子を恋しく思うことになるでしょうが、彼には準備ができています」と続けた。

[PR]

 アンジェリーナと離婚したブラッド・ピットとの間には、マドックス君のほか、パックス君(15)、ザハラちゃん(14)、シャイロちゃん(13)、双子のヴィヴィアンちゃんとノックス君(11)の6人の子供がいる。アンジェリーナは同じアジアのカンボジアにも家を持っているため、兄弟たちも韓国のマドックス君を訪ねるつもりなのだという。

 アンジェリーナが監督を務めた2017年の映画『最初に父が殺された』ではエグゼクティブプロデューサーを務めたこともあるマドックス君。マドックス君はカンボジア出身の養子ということで、クメール・ルージュ支配下のカンボジアで大虐殺を生き抜いた少女の手記を基にした同作には強い思い入れがあったといい、アンジェリーナは「マドックスは一生懸命に働いた。(今後もプロデュースを続けるかは)彼次第だけど、わたしはそうなるんじゃないかと思う」とマドックス君の映画界での将来について E! Online に語ったこともある。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]