横浜流星、映画『いなくなれ、群青』で挑んだ役どころの難しさ語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『いなくなれ、群青』について語る横浜流星

 俳優の横浜流星が12日、新宿バルト9で行われた映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会に出席。本作での七草という役どころに苦労したことを明かしていた。イベントには横浜のほか、飯豊まりえ矢作穂香松岡広大松本妃代中村里帆黒羽麻璃央、音楽を担当した神前暁柳明菜監督も出席した。

美男美女が勢ぞろい!【写真】

 本作は、河野裕のベストセラー小説を映画化したもの。捨てられた人たちがやって来る島・階段島を舞台に、島の謎や、失ってしまったものを見つけるために奮闘する学生たちの姿を描く。横浜は「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な主人公・七草を演じる。

[PR]

美男美女勢ぞろい!

 横浜は、七草が自らの感情を抑える性格であることに「自分もどちらかというとそちらのタイプ」と共通点があることを明かすと「普通は、相手が発信してくれたお芝居に対して、素直に反応するのですが、今回の七草という役は、相手の行動をまず自分に落とし込んでから返すので、必然的にうまく会話のキャッチボールができない。そこがとても難しかった」と役柄についての感想を述べる。

 横浜演じる七草が悲観主義者であるのに対して、飯豊ふんする真辺由宇は理想主義者。飯豊は横浜について「基本的に性格は正反対」と言うが、撮影を通じて「どこか絶対的に受け入れてくれると感じられる。迷っても正しい方向に導いてくれる」と全幅の信頼を口にしていた。また横浜と高校の同級生だったという矢作は、横浜について「七草と真辺の両方を持っている感じ。陽と陰がある」と述べると、横浜も「僕は二面性を持っていると思います」と納得した表情で語っていた。

 美しい映像が魅力的な本作。横浜は「雨のシーンで、本当に雨が降ってくるなど自然に恵まれた」と奇跡的に天候に恵まれたことを明かすと「観てくださる方がどっぷりと映画の世界観にはまれるような美しさがあります」と作品をアピールしていた。(磯部正和)

映画『いなくなれ、群青』は9月6日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]