人気声優・三石琴乃「科捜研の女」に登場!実際のドラマ出演は人生初

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「科捜研の女」で謎の美女を演じた三石琴乃

 アニメ「美少女戦士セーラームーン」の月野うさぎ役や、「新世紀エヴァンゲリオン」の葛城ミサト役などで知られる声優・三石琴乃が、8月22日にテレビ朝日系で放送される、人気サスペンスシリーズ「科捜研の女」(毎週木曜・よる8:00~8:54)の第14話に出演することが明らかになった。これまで、声でのドラマ出演や、舞台・映画・Vシネマ出演の経験はあるものの、実際の人物をドラマで演じるのは「人生初」となる。

【画像】素顔の三石琴乃

 京都を舞台に、京都府警科捜研研究員・榊マリコ(沢口靖子)と仲間たちの活躍を描く本作は、新シーズンが通年で放送中。第14話では、元病院長の殺人事件をめぐって、被害者の秘密を守ろうとする葬儀プランナー・神城峰子(中島ひろ子)と、真実を追い求めるマリコの対立が描かれる。

[PR]

 三石が演じるのは、事件のカギを握る謎の美女役。「声だけで犯人を担当した事はありましたが、実際にテレビドラマに出演するのは人生初」といい、「『科捜研の女』と言えば誰もが知る国民的ドラマですので、光栄に思いましたが、不安もありました。でも新しいことにチャレンジすると何か人生が広がると思い、お受けしました」と出演の経緯を明かす。

 京都・太秦撮影所での撮影では、衣装合わせが印象的で「ズラリと真顔のスタッフが取り囲む真ん中に立ち、衣装を決めて頂いたのですが、何の辱しめ? と思いました(笑)」と一味違う刺激を受けた様子。沢口との共演は「最高に緊張」したものの「マリコさんは、可愛らしく美しくとても真面目な方でした。撮影後は握手して下さって、もうすっかりファンです(笑)」と語っている。

 また、今回のエピソードについて「何故オファーを頂いたのかは、クライマックスに明らかになる、役柄の設定を聞いて納得しました」という三石。「いつもの『科捜研の女』とはテイストの違うドラマになっているかもしれません。でもちょっとホロっと切なく、そして最後には、きっとあなたの心にグッと余韻の残るお話です」と太鼓判を押している。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]