『おっさんずラブ』キャストはプライベートでも仲良し!

ちず役の内田理央

 昨年、社会現象を巻き起こした大人気ドラマ「おっさんずラブ」で、田中圭演じる主人公・春田創一を叱咤激励する幼なじみ・荒井ちずを演じた女優の内田理央。23日より公開中の『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』でも、並み居るおっさんたちを差し置いて、一番“男前”な気風(きっぷ)の良さを発揮している。「プライベートでも、キャスト陣はみんな仲良し」と笑顔を見せる内田が、自身と重なるちずというキャラクターについて、さらには共演者との強い絆について語った。

【写真】内田理央、浴衣姿もカワイイ!

 劇場版製作決定の一報を聞いたとき、「キャストの皆さんとドラマを撮影していたときから、『ゆくゆくは映画化されるといいよね』って話をしていたので、『ついに来た!』って感じでしたね。夢が現実になって、とにかくうれしかった」という内田。「ドラマのいちファンとして観たかったし、個人的にはもう一度、ちずに会えるということも楽しみだった」と声を弾ませる。

[PR]

 性別も年齢も超越し、「愛は愛なんだ」というところが本作の魅力だが、ちずはまさに、それを声に出して言えるタイプの女性。「ちずとわたしの性格がすごく似ているんです。だから、役づくりの必要はほとんどなくて、すんなり自然体で入ることができた」と明かす内田。「男の子より男っぽくて、女子トークがちょっぴり苦手。ドラマのクランインのときに、瑠東(東一郎)監督から『だーりお(内田の愛称)はそのままでいいから』と言われるくらいだったから、きっと素に近いわたしが映し出されていると思う」と照れ笑いを浮かべる。

 また、今回、ドラマ終了から約1年ぶりの撮影となったが、その間もキャスト同士でトークグループを作り、田中を中心にキャスト陣でゴハンに行ったり、誰かの誕生日を祝ったり、頻繁にコミュニケーションを図っていたという。「待ちに待った劇場版でしたが、わたしは撮影日が少なかったので、ちょっと寂しい気持ちもありました。でも『今日はこんな面白いことがあった』とか、『こんなアクシデントがあった』とか、毎日すごい勢いでメッセージが送られてきたので、情報の共有はしっかりできています(笑)」

[PR]

 そんな仲のいいキャスト陣のなかにあって、内田の立ち位置は“後輩キャラ”なのだとか。「ちずと同じような性格をしているせいか、あまり女の子扱いされないんですよね。でも、そういう“後輩”みたいな接し方をされるほうが、気が楽なので、とても居心地がいいです。決して馴れ合いではないけれど、プライベートでの関係性がすごく自然で気さくだから、それがいい方向で劇場版に出ているはず」と目を輝かせていた。(取材・文:坂田正樹)

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]