デロリアン誕生の裏に破天荒すぎる男…『ジョン・デロリアン』公開決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
(C) Driven Film Productions 2018

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズに登場するタイムマシンのベースとなる車・デロリアン(DMC-12)の開発の裏側を描く映画『DRIVEN(原題)』が、邦題『ジョン・デロリアン』として12月7日に日本公開されることが決まった。

【画像】『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』のデロリアン

 近未来的なステンレススチール・ボディとガルウイングドアが象徴的な車・デロリアン。本作は、その伝説の車・デロリアンを作った男ジョン・デロリアンの初となる伝記映画で、会社倒産の危機を救うためコロンビアの犯罪組織との麻薬取引にまで手を出した彼の人生の中で、最も激動だった時期をフィーチャー。天才的な自動車エンジニアでありながら、詐欺や横領、脱税を行い、ハリウッドセレブや政府からお金を巻き上げるほどの破天荒な人生を歩んだジョン。車に人生をささげ、夢のために生きた男の姿を描き出す。

[PR]

 ジョン・デロリアンを演じるのは、『ホビット』シリーズや『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのリー・ペイス。本物と見間違えるほどリアルに演じ切っている。ジョンの隣人・友人で麻薬取引に巻き込むジム・ホフマン役に『モンスター上司』『なんちゃって家族』などのジェイソン・サダイキス。ジムの妻エレンは『15時17分、パリ行き』などのジュディ・グリア、FBIのベネディクトを『ファースト・マン』などのコリー・ストールが演じ、「ウォーキング・デッド」のエイブラハム役で注目されるマイケル・カドリッツなども出演している。

 撮影は1980年代初頭の建築物が多く残るプエルトリコで行われ、古き良きアメリカの雰囲気を再現。現地には30台以上の本物のデロリアンや、ジョン・デロリアンが製作したGTOも登場するという。メガホンを取るのは、『』『アダム -神の使い 悪魔の子-』などのニック・ハム監督。(清水一)

映画『ジョン・デロリアン』は12月7日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]