映画版「ブレイキング・バッド」10月11日Netflixで配信スタート

Netflixオリジナル映画『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』より

 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」の映画版が『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』のタイトルで10月11日よりNetflixで配信される。またNetflixのYouTube公式チャンネルでは24日、予告編も公開された。

【動画】『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』予告編

 本作は、2008年から2013年にかけて5シーズンにわたってアメリカのAMCで放送された「ブレイキング・バッド」に登場した、ジェシー・ピンクマン(アーロン・ポール)をメインにしたストーリー。ピンクマンはドラマ版で、主人公の化学教師ウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)の元教え子で、ウォルターが着手した麻薬ビジネスのパートナー。ウォルターの暴走の犠牲になった人物ともいえる。

[PR]

 公開された予告編では、ピンクマンのチンピラ仲間であるスキニー・ピート(チャールズ・ベイカー)が取調室と思しき場所にいるところが映し出される。どうやらピンクマンに関する情報提供を求められているようだが、ピートいわく、彼の行方は知らないし、知っていても言わないと強固な態度。「ニュースを見てたからな。小さな檻に入れられてメス調理をさせられてた」と麻薬を製造していたピンクマンに触れ、「ピンクマンを檻に戻す気はない」という。

 映画版でもアーロンがピンクマンを続投し、ドラマ版の生みの親であるヴィンス・ギリガンがメガホンをとる。ウォルターの登場有無は明かされていない。(編集部・石井百合子)

Netflixオリジナル映画『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』は10月11日独占配信開始

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]