「ドクターX」大門の決めゼリフ「私、失敗しないので」誕生秘話!

大門の決めゼリフは松本薫から生まれていた!
大門の決めゼリフは松本薫から生まれていた!

 米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」制作発表会見が7日に東京・六本木のテレビ朝日で行われ、脚本を担当する中園ミホが主人公・大門未知子の決めゼリフ「私、失敗しないので」のモデルが元女子柔道の松本薫であることを明かした。

大門と“野獣”松本が握手!新キャストもずらり【写真】

 第6シリーズを迎えるまでの大ヒットドラマとなった「ドクターX ~外科医・大門未知子~」。人気の立役者である大門のキャラクターについて、中園は「シリーズ1の1話を書いている時に、大門のキャラクターだけができなくて、締め切りを過ぎてプロデューサーに叱られても作れなかった」と回顧。苦闘の中、ふとテレビをつけると、ロンドンオリンピックの模様が放送されており、女子柔道・松本薫の闘志みなぎる姿にくぎ付けになったという。その松本が金メダルを獲得後、松岡修造から「ミスしたらどうしようと思いませんでしたか?」とインタビューされたときに、「私、ミスはしないので」と言い、中園は「その一言にしびれて、大門未知子に『私、失敗しないので』と言わせてみたら、そこから大門未知子が有機体になったように動き出してくれた」と打ち明けた。

[PR]

 さらに「あの時、松本薫さんが金メダルを取っていなかったら、大門未知子は全然違うキャラクターになっていたかもしれないので、本当に大切なセリフ」と語ると、「いつか松本薫さんにお会いすることがあったら、印税を払わないといけないかなぁと思っています」とも話し、会場の笑いを誘った。すると、松本本人が登場し、中園は「ありがとうございます」と感謝。松本も初対面を喜ぶと「あのときは野獣だったので、自分がミスするとは一ミリも思っていませんでした」とコメントの真意を伝えた。

 2年ぶりの新シリーズとなる今作は、令和の時代を迎え、財政難に陥った東帝大学病院を舞台に大門未知子の孤高の戦いを描く。会見には米倉、ユースケ・サンタマリア内田有紀勝村政信鈴木浩介武田真治清水ミチコ藤森慎吾今田美桜戸塚純貴河北麻友子川瀬莉子岸部一徳遠藤憲一市村正親西田敏行も出席した。(取材:錦怜那)

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」は10月17日より毎週木曜夜9時~テレビ朝日系で放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]