斉藤由貴、25年ぶり「世にも奇妙な物語」出演

奥の方! - (C)フジテレビ

 女優の斉藤由貴が11月9日放送の「世にも奇妙な物語’19秋の特別編」(フジテレビ系・夜9時~)に出演することが明らかになった。1994年10月放送の「世にも奇妙な物語 秋の特別編」の「出られない」というストーリー以来、25年ぶりの「世にも奇妙な物語」出演となる。

【写真】ヒット中!『記憶にございません!』の斉藤由貴

 1990年10月放送の「世にも奇妙な物語 秋の特別編」の「絶対イヤ!」にも斉藤は出演しており、今回が3回目。新作では「恋の記憶、止まらないで」という物語で、売れなくなったシンガーソングライターの村瀬志保を演じる。新曲を作ることができず、ファンから見放され、SNSには辛らつなコメントが書き込まれていた志保は、ある日、曲作りをしながらうたた寝をしてしまう。その時に見た不思議な夢の中で流れていたメロディーをもとに新曲を作り上げると、あっという間にヒットチャートの仲間入りを果たし……。

[PR]

 斉藤は「今まで出演させていただいた2本は、コメディー色の強い、アップテンポでおもしろい作品だったのですが、今回はホラー色が強い、ある意味、最も『世にも奇妙な物語』らしい、王道をいく作品なので、新しいジャンルの作品に挑めることもうれしいです」とコメント。

(C)フジテレビ

 今回の役作りについては「私自身が、この仕事を始めてもう34年位でして……もう人生の半分以上、この仕事をしているのですが、その間にはお仕事がうまくいく時もあればいかない時もありました。仕事をする上で迷う気持ちには共鳴でき、役柄に寄り添うことができたのは確かです」としつつ、「だからといって、私の素の部分を作品に感じさせすぎるのは良くないと思うので、そのバランスが難しかったです」と振り返っている。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]