吉岡秀隆、17年ぶり倉本聰作品に「やすらぎの刻」いしだあゆみと共演

「脚本が本当に素晴らしくて」と吉岡秀隆
「脚本が本当に素晴らしくて」と吉岡秀隆 - 提供:テレビ朝日

 倉本聰が脚本を手がけるテレビ朝日系で放送中のドラマ「やすらぎの刻~道」に吉岡秀隆がゲスト出演することが明らかになった。吉岡が倉本の作品に出演するのは2002年放送の「北の国から 2002遺言」(フジテレビ系)以来17年ぶり。吉岡は「北の国から」同様、いしだあゆみと親子を演じる。

【動画】吉岡秀隆出演『男はつらいよ お帰り 寅さん』予告編

 本作は脚本家・菊村栄(石坂浩二)ら“テレビ人”たちが入居する老人ホーム「やすらぎの郷」の人間模様を、そして菊村がシナリオを担当した劇中のドラマ「道」では、根来しの(清野菜名風吹ジュン)と公平(風間俊介橋爪功)夫妻の一代記を描いている。菊村と同じく「やすらぎの郷」に入居している元女優の中川玉子(いしだ)が訳あって離れてしまい、30年ぶりに再会を果たす息子・誠を吉岡が演じる。今年の夏に富良野にいる倉本のもとを訪れたことが出演につながったと吉岡はコメントしている。

[PR]

 「実は夏ごろ、約10年ぶりに富良野にいる先生を訪ねてお酒をいただいたんです。酔っぱらってしまってあまり覚えていないのですが、とてもいい時間を過ごしました。……で、その後、少し長めの旅を終えて東京に帰ってきたら、“こういうこと”になっていて……(笑)。だからオファーというよりは、もう断れない、という状況でした(笑)。でも、先生の脚本が本当に素晴らしくて、かつ僕のことを考えながら書いてくださったことがとても光栄で、本当にうれしかったですね」

 吉岡が登場するのは12月放送予定の第177話と178話。脚本を読んだ感想を「読んでいて鳥肌が立つほどでした」とし、「今回のストーリーには“運動靴”がキーワードとして登場するのですが、『北の国から』の運動靴のエピソードは僕にとって特別な思いがあるんです。『うわ~先生!! ここで運動靴を出してくるとは~!』っていう感激もありました(笑)」と明かしている。

やすらぎの刻
提供:テレビ朝日

 1996年公開の山田洋次監督の映画『学校II』以来となったいしだとの共演については「いやもう、ただただしびれました! だって、(いしだ)あゆみさんは、僕の俳優人生のバックボーンにいる大切な存在“黒板純”の、大好きなお母さんですから……! やはりいろいろな思いがこみ上げましたね。今回も、どう芝居をぶつけても受け止めて返してくださるので、やっぱりあゆみさんはスゴイなと実感しました」と振り返っている。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]