A.B.C-Z橋本良亮、相次ぐ共演者の暴露にタジタジ

号泣&遅刻エピソードなどが明かされた

 アイドルグループA.B.C-Z橋本良亮が27日、都内で行われた映画『決算!忠臣蔵』(11月22日公開)のレッドカーペットセレモニーおよびワールドプレミア舞台あいさつに出席し、打ち上げの席で堤真一の顔を見て号泣したことを暴露されタジタジになっていた。イベントには岡村隆史濱田岳横山裕関ジャニ∞)、妻夫木聡石原さとみ西村まさ彦木村祐一寺脇康文鈴木福小松利昌沖田裕樹荒川良々(舞台あいさつのみ)、中村義洋監督も参加した。

橋本良亮&横山裕の他写真も!『決算!忠臣蔵』レッドカーペット&プレミア【画像22枚】

 東大教授・山本博文の著書「『忠臣蔵』の決算書」を、映画『アヒルと鴨のコインロッカー』や『忍びの国』の中村義洋監督が脚本も手がけて映画化した本作。忠臣蔵で知られる大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討ち入りまでの「お金」に翻弄される浪士たちの姿をコミカルに描いた作品で、橋本は赤穂浪士の1人・武林唯七を演じる。

[PR]

 本作の撮影のあと、舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」で橋本と共演予定になっていた堤は、酒のすすんだ打ち上げの席で橋本に「イギリス人の演出家で、お前の役もすごく難しい役。大丈夫か?」とはっぱをかけたと話すと、橋本は「頑張ります」と号泣してしまったという。

 思わぬ暴露に戸惑った橋本は「すごく不安だったんです」と胸の内を明かすと「堤さんとご一緒するという緊張感もありまして、つい顔を見たらワーって泣いてしまいました」と恥ずかしそうな表情を見せる。同じく打ち上げに参加していた木村や妻夫木もその光景は見ていたようで、妻夫木は「堤さんワニのはく製に乗っていましたよね」とかなり酔っ払っていたことを証言すると、堤は「まったく覚えてない。でも橋本くんが泣いているのだけは覚えています」とかなりインパクトがあったことを強調する。

 ジャニーズ事務所の先輩である横山は隣にいたそう。「僕は堤さんに『(橋本は)いい奴なんですよ』と言いましたけれど、その後は、ただただ堤さんに橋本が泣いていることを謝っていました」と当時を振り返ると、さらに橋本はバツの悪そうな表情を見せた。

 フォローしてくれた横山に対して橋本は「撮影中に横山くんのシーンを見学していたのですが、すごく真剣なまなざしでカッコいいんですよね」と発言。すると横山は「これだけのすごい皆さんとのお仕事なので、気合が入るじゃないですか」と当然であることを主張すると「そんな中、橋本は遅刻したよね」とさらなる暴露。

[PR]

 橋本は「1回してしまいましたね」と白状すると、木村は「京都の撮影で名古屋から新幹線で来るところ、乗り過ごしてしまったらしく、新神戸で降りればいいのに、岡山まで行ってしまったんだよね」と状況を説明。さらに木村は「そのまま京都まで来ればいいのに、なぜか新大阪で降りてタクシーで京都に向かったんですよ」と橋本がパニックに陥ってしまったことを明かすと「めちゃくちゃ焦ってしまったんです」と橋本は申し訳なさそうに話していた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]