『アナ雪2』吉田羊が姉妹の母親役!洋画アニメ声優に初挑戦

吉田羊がアナ&エルサの母親役!
吉田羊がアナ&エルサの母親役! - (C)2019 Disney. All Rights Reserved.

 大ヒットディズニー作品の続編『アナと雪の女王2』(11月22日公開)で、物語の鍵を握るアナとエルサの母親・イドゥナの日本版声優を女優の吉田羊が務めることが明らかになった。吉田が洋画アニメーションの声優を担当するのは今回が初となる。

吉田羊の声入り!『アナと雪の女王2』日本版本予告

 全てを凍らせてしまう力を持つアレンデール王国の王女エルサと、その妹アナの運命を描く同シリーズ。吉田が声を演じるイドゥナは、アナとエルサの母親でアレンデール王国の元王妃。前作で船の事故により命を落としてしまったと語られていた。

[PR]

 今作でイドゥナは回想シーンに登場し、幼い姉妹に子守歌を歌うため、演技力だけでなく高い歌唱力を持ち合わせている吉田が起用されたという。『アナ雪』の大ファンであることを公言している吉田は、「オーディションの合格通知をいただいたときは、びっくりしすぎて『ウソ!?』と言ってしまいました(笑)。ディズニーの作品はまさに“夢の世界”で、まさか自分がその世界の住人になれるとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです」と喜びを爆発させている。

 さらに、吉田は「声の強弱やキャラクター同士の距離感を意識して演じました。アレンデール王国の王妃という気品や気高さを意識して演じさせていただいたので、“私の声には聞こえないね”という風に言っていただけたら成功かなと思っています」と実際にアフレコをした感想を明かした。

 先日公開された日本版本予告映像では吉田が吹き込んだ声がすでに披露されており、「なぜ私だけ魔法が使えるの?」という幼いエルサの問いかけに、「いつか答えが分かるわ」と答えるイドゥナの温かみのある声が印象的だ。今作ではエルサの力の秘密をめぐる物語が描かれることになっており、イドゥナはその力の秘密を知る重要なキャラクターになる。(編集部・吉田唯)

松たか子&神田沙也加が続役!『アナと雪の女王2』日本版本予告 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]