「同期のサクラ」自己犠牲のヒロインの魅力

「同期のサクラ」より。5人の同期の記念写真 - (C)日本テレビ

 現在、水曜夜に放送中の高畑充希主演ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系・毎週水曜よる10時~)。大手建設会社で働く風変わりな主人公・サクラ(高畑)と、橋本愛新田真剣佑竜星涼岡山天音演じる4人の同期との絆、成長を描く本作で、揺るぎない信念をもって仲間を助けてきたサクラの魅力を振り返ってみた。(※一部ネタバレあり。5話までのストーリーに触れています)

【写真】「同期のサクラ」スペシャルダイジェスト

 演技派の高畑が、2017年放送の「過保護のカホコ」に続いて脚本家・遊川和彦とタッグを組んだことでも話題の本作。「過保護のカホコ」では一人で服を選ぶことさえできない箱入り娘・根本加穂子が親離れするまでをコミカルに好演した高畑だが、「同期のサクラ」でもまた強烈なキャラクターに。加穂子とはうって変わって自立したヒロインで、ふるさとに橋を架けることを夢見て「土木部」への所属を熱望しているが、その先はいばらの道。同期が危機を乗り越えていくのと同時にサクラも前進していく……と思いきや、まったくその努力が報われない展開に驚かされる。

[PR]

ロボットのようなサクラがごくたまに見せる笑顔もキュート!

 サクラの受難は、社員たちの配属先を左右する新人研修で、社長の理不尽な言動を批判したことから始まった。誰しもが日々、上司や会社の決定に対して不満を抱きながらも、自分の首を絞めるようなリスクは冒さず「組織の一員ならしょうがない」とやり過ごすものだが、嘘をつけないサクラは全ての人に平等に接し、「こうあるべき」を貫こうとするので当然、上司からの風当たりは強い。同期の中で希望の部署に配属されなかったのはサクラだけだった。それでも、サクラは腐ることなく人事部だからこそできる仕事に全力で取り組み、過労で倒れた菊夫(竜星)や「女だから」と絶望していた百合(橋本)、いじめにあっていた蓮太郎(岡山)、親のコネ以外に価値がないと存在を否定された葵(新田)らを、身を挺して助けてきた。

 しかし、そうして仲間たちが成長していくのと反比例するかのように、サクラは異動につぐ異動で、ふるさとに橋を架ける企画も中止に。挙句の果てに子会社に飛ばされてしまい、夢から遠のく一方だ。常に自分よりも仲間のことを大切にするサクラに、「自分だったらサクラのように耐えられるのか、信念を失わずにいられるのか」と想像せずにいられない。いわば救世主のようなヒロインが、無表情&ロボットのような動きなどデフォルメされたファンタジックなキャラクターとして描かれているのもユニークだ。

[PR]
冒頭は毎回病室のシーンから

 一方、サクラが同期たちにどんな言葉をかけるべきなのか悩んでいる時に、ふるさとのじいちゃんがFAXで送ってくれるアドバイスもポイント。「自分の弱さを認めること」「自分にしか出来ないことがある」「本気で叱ってくれるのが本当の友だ」「辛い時こそ、自分の長所を見失うな」「大切なのは勝ちではなく価値だ」といった名言の数々は、経験を積んだ者だからこその重み、温もりがある。

 物語は毎回、病院のベッドで眠り続けるサクラに仲間たちが話しかけるところから始まり、各回ごとに同期たちがサクラにいかに助けられたのかが明かされていった。同期の絆を描きつつ、「一体、サクラの身に何があったのか」というミステリーが柱になっている。

第4話では子育てと仕事の両立に奮闘する人事部・すみれのエピソードに

 13日放送の第6話では、人事部でサクラを叱咤激励していたすみれ(相武紗季)を中心にしたエピソードが展開。子育てをしながら奮闘していたすみれのピンチが、子会社に出向となったサクラのその後と共に描かれる。百合から合コンに誘われるサクラだが、その一件は彼女に思いを寄せる葵と菊夫にも波紋を呼ぶ。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]