山本千尋、結木滉星&寛 一 郎と毎日のようにアクションの稽古「負けないように必死でした」

笑顔がキュートすぎる山本千尋

 女優の山本千尋が16日、シネマート新宿で行われた映画『下忍 青い影』(公開中)の公開記念舞台あいさつに出席。撮影前に結木滉星寛 一 郎らと一緒に行ったというアクションの稽古を振り返った。舞台あいさつには三上紗弥菜 葉 菜住川龍珠山口義高監督も参加した。

【動画】『下忍 青い影』予告編

 特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で注目された結木が本格忍者アクションに挑む本作は、幕末の世を舞台にもはや時代遅れとなっていた忍者の戦いの旅を2作連続で描くアクション。10月4日に公開された寛 一 郎主演の『下忍 赤い影』の前日譚にあたる物語となる。『キングダム』の坂口拓がアクション監修を担当している。

[PR]

 山本が演じているのは、尚(結木)に忍び寄る謎の最強女刺客・リン。身長ほどの大きな槍を軽々と振り回し、尚を苦しめる役柄で、迫力満点のアクションを披露している。「劇中では喋らない子だったんですけど、実はこういう声をしています。今日は短い時間ですが、楽しんでいただけたら」とあいさつした山本。

 結木、寛 一 郎、山本の3人は、撮影前に毎日のようにアクションの稽古をしてから撮影に挑んだという。「わたしが日本のトップチームでもあると思っている、坂口拓さんのアクションチームに教えていただいたので、練習の成果も出せたと思います。(結木、寛 一 郎の)お二人は、アクションでも何をしてもすぐにできるタイプの方なんですよ。ですから二人に負けないようについていくのに必死でした」と振り返る。

 特に結木とは、本番前にアクションの動きを合わせて確認をしたという山本。司会者から観客に向かって「皆さんどうでした? アクションはすごかったですよね?」と問いかけられると大きな拍手が。その様子に笑顔を見せた山本は、「やはり皆様の反応を見ると、自分でもやってよかったと思えるので、本当にありがたいですね」と感謝の言葉を述べた。

 その姿を頼もしげに見ていた山口監督は「今、山本さんが名前を出してくれたけど、アクションコーディネーターで坂口拓さんが参加してくれて。ガッツリと魂を注入してくれた。そのアクションをいかにいい形で撮っていくか。(キャスト陣が)頑張ってくれたので、いいアクションが撮れたと思います」とコメント。劇中で展開される迫力のアクションに自信を見せた。(取材・文:壬生智裕)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]