伊藤美来『フラグタイム』公開に感慨 青春のドキドキ&苦しみを経験

描き下ろしイラストに大喜び!
描き下ろしイラストに大喜び!

 アニメーション映画『フラグタイム』(公開中)の公開記念舞台あいさつが23日、新宿バルト9で行われ、ボイスキャストの伊藤美来宮本侑芽安済知佳が出席。原作者のさとがシークレットゲストとして登壇し、この日のために描き下ろしたイラストを披露した。

【動画】『フラグタイム』予告編

 さとの青春恋愛漫画を原作にした本作は、3分間だけ時間を止められる女子高校生・森谷美鈴(伊藤)と、森谷の“3分間の魔法”が利かないクラスいちの美少女・村上遥(宮本)の交流を描く物語。二人のクラスメイト・小林由香利の声を安済が担当した。

[PR]

 伊藤は「絵も可愛いし、綺麗だし、音楽もストーリーも含めてとっても繊細な作品になったなって」と感慨深げ。作品を観て「美鈴と村上さんの声や掛け合いを聞いて、(自分と宮本の)二人がちゃんとその世界に生きていけたんだなって、感動しました」と自身の演技にも満足した様子で、「演技を通じて、青春ならではのドキドキや苦しみを経験できたりしました。そんな自分たちの気持ちが、公開されていろんな方に届くのが嬉しい。ご覧になった方の気持ちの中に、何かが残っていたらいいな」と笑顔で語った。

 宮本も「作っているのが『あさがおと加瀬さん。』と同じチームなのに、こんなに幅のある作品が作れるんだなってびっくりしました。作品によってこんなにテイストが変わるんだなって」と嬉しそうな表情。安済も「(森谷・村上の)二人の空気感、会話が独特。声に透明感があって、すって入ってくる感じでした。第三者として見ても引き込まれるものがありました」と興奮気味に話した。

フラグタイム

 さとは「2013年に描いたんですけど、描いた時のことを覚えていなくて……。でも、映画を観てめちゃくちゃいい作品だなって改めて思えました。素晴らしい映画になったと思います」と絶賛。三人の演じたキャラクターのイラストをこの日のために描き下ろし、プレゼントすると、三人は感激しきり。伊藤はイラストに添えられたコメントを読み上げ、「伊藤さんの美鈴をいじめたいって書いてあります。可愛い!」と大喜びだった。(取材:名鹿祥史)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]