川口春奈『謝罪の王様』で“沢尻エリカ”演じていた!

川口春奈(今年2月に撮影)
川口春奈(今年2月に撮影)

 女優の沢尻エリカが、麻薬取締法違反容疑(所持)で警視庁に逮捕されたことを受け、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の帰蝶/濃姫役の代役に決定した川口春奈。実は、2013年公開の映画『謝罪の王様』で、沢尻を連想させる役を担っていた。

【写真】沢尻エリカ、「別に」発言の舞台あいさつ!

 宮藤官九郎が脚本を担当した『謝罪の王様』は、謝罪師・黒島(阿部サダヲ)が、巻き起こす騒動の数々を描いた作品。映画の冒頭、さまざまな謝罪が紹介されるなか、川口演じる若手女優が登場。金髪で頭にはサングラス、ヒョウ柄の衣装を着ており、舞台あいさつで司会者に質問され「別に」とふてくされる場面がある。これは、沢尻が『クローズド・ノート』(2007)の舞台あいさつで「別に」「特にないです」と不機嫌に答える様子を思い起こさせる。

 21日、川口が帰蝶/濃姫役と発表されると「『謝罪の王様』思い出した!」「偶然なのか?」「パロディーを知っててキャスティング?」とSNS上にコメントが続出。2人の不思議な縁に驚いた人が多くいたようだ。(田中海)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]