「スカーレット」喜美子に一大転機が訪れる…9週目に突入!

喜美子よ、どうする
喜美子よ、どうする - 提供:NHK

 放送中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土、総合・午前8時~ほか)が11月25日から9週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

【画像】喜美子と八郎、いい雰囲気…「スカーレット」第9週

 9月30日にスタートした「スカーレット」は、焼き物の里として知られる滋賀・信楽を舞台に、ヒロインの喜美子(戸田恵梨香)が陶芸の世界で奮闘する姿を描く物語。11月25日からは第9週「火まつりの誓い」に突入する。

[PR]

 新入社員の八郎(松下洸平)との距離を少しずつ近づけていく喜美子。そんななか、丸熊陶業の社長が急死し、その娘の照子(大島優子)の夫が若社長となる。絵付け火鉢の生産は縮小される可能性が高まり、喜美子の師である深野心仙(イッセー尾形)は信楽を去る決意を固める。一方、妹の百合子(福田麻由子)の進学問題が持ち上がり、喜美子は川原家が相変わらずの貧しさであることを身に染みて感じる。

 喜美子は、深野が信楽を去ってから自らより若い弟子について修業の道に入ろうとしていることを知る。衝撃を受けるも、深野への尊敬の念はいっそう高まり、自分は残るべきかついていくべきか喜美子の気持ちが揺れる。

 そして、火まつりの夜を迎え、喜美子は大きな松明を担いで歩く。女性での参加者は珍しかったが、八郎とともにしっかりと神社にお参りをすませる。喜美子は深野がいなくなったのち、一人前の絵付け師として仕事を続けようと決意を固める。ある日、八郎の商品開発室を訪ねた喜美子は意外な姿を目にする。

 連続テレビ小説101作目となる「スカーレット」。第8週では、喜美子の新たな出会いなどが描かれた。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]