藤原竜也、カイジは「代弁者」

9年ぶりに演じたカイジへの思いを語った藤原竜也
9年ぶりに演じたカイジへの思いを語った藤原竜也

 劇場版シリーズ第3弾にして最終回となる『カイジ ファイナルゲーム』(1月10日公開)で、9年ぶりに主人公・カイジを演じた俳優の藤原竜也。「こんなにも長く『カイジ』に携われるなんて本当に幸せなこと。感謝しかありません」と思いをかみしめる藤原が、過去シリーズを振り返るとともに、本作への熱い思いを語った。

10年前!『カイジ』1作目の藤原竜也【写真】

 原作漫画「カイジ」シリーズの作者・福本伸行が、自らオリジナル脚本を書き下ろした本作。2020年東京オリンピック終了後、不況に陥った日本を舞台に、自堕落な生活を送っていたカイジがギャンブル魂を再び取り戻し、国中を巻き込んだ大勝負に打って出る。監督は、前2作でメガホンを取った佐藤東弥福士蒼汰関水渚新田真剣佑吉田鋼太郎ら新キャストに加え、天海祐希生瀬勝久松尾スズキなどおなじみのメンバーが集結する。

[PR]

 9年ぶりにカイジ役のオファーを受けた藤原は、「福本先生の完全オリジナル脚本ということで、どんな内容になるのかものすごく興味がありました。実際に読んでみると、日本中を巻き込む壮大な物語になっていたので、正直、想定外でした」と驚いた様子。

 「原作にはない4つのゲームが主戦場となっているのですが、これがまた、誰も思い付かない仕組みになっていて……。『カイジ』ファンの期待を絶対に裏切らない映画になると、この段階で確信しましたね」

 なかでも、吉田演じる派遣会社の悪徳社長・黒崎と対決する過酷なゲーム「最後の審判~人間秤~」のシーンは圧巻だ。「鋼太郎さんのシェイクスピア的な演技が『カイジ』の世界にピタリとハマって、彼の圧力、熱量、セリフ回しが全てをかっさらっていくんです。僕としては、鋼太郎さんに食らいついていけば面白い対決シーンになると思ったので、助かりましたね」と満足そうに語る藤原。

 久々のカイジ役とあって、藤原自身も初参加の福士がたじろぐほどリハーサルの段階からハイテンションで臨んだ。

 「福本先生は、独特の世界観で“非日常”を描いているので、普通の熱量では成立しない部分があるんです。カイジも異常なエネルギーを持ったキャラクターなので、まずはテンションをMAXにして臨み、徐々に『このあたりかな?』と調節しながら、カイジを作り上げていきました」

[PR]

 セリフの熱さも『カイジ』シリーズの真骨頂。「今回は特に、どのシーンもスカッとしますよね。『お気に入りのセリフは?』と聞かれても、今すぐには思い浮かばないのですが、他者をまくし立て、背中を押し、そして前進させる熱いセリフがとても多いので、気持ちがいいし共感できる部分もたくさんある」と興奮気味に語った。

 思えば、定職にもつかず、負け犬人生まっしぐらのクズ人間だったカイジ。そんな彼が、本作では、日本を巻き込む大勝負で社会に一石を投じる側面も見せる。これについて藤原は、「確かにカイジは何をやってもうまくいかない、なかなか先に進めないというクズなところはありましたが、同時に、世の中に対する不満や問題を、僕たちに代わって強烈な言葉で主張してくれる『代弁者』のようなところがあった。カイジのそういうところが僕は大好きですし、今回はさらに成長した姿を見せてくれる」と強調する。

 藤原の長いキャリアのなかで、『カイジ』とはいったいどんな存在だったのか。藤原は「今回、9年ぶりの新作となるわけですが、この強烈なキャラクターをこんなに長く演じさせていただけたことは、本当に幸せなこと」としみじみ。

 「藤原で行こうとGOサインを出していただいた福本先生、それからシリーズを通して演出をしていただいた佐藤監督、そのほか関係者の皆さんには、今となっては感謝しかありません」とカイジ愛あふれる言葉で締めくくった。(取材・文:坂田正樹)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]